トピックス 事業・製品 投資家情報 社会・環境 会社概要 採用情報

 鉄道車両輸送機器橋  梁建設機械発電機エンジニアリングレーザ加工機

>  ホーム  >  事業・製品 > エンジニアリング > 営農施設

おいしいお米ができるまで

安全で新鮮なお米を提供する自然乾燥方式、 SDS(ソフトドライングシステム)による、おいしいお米ができるまでをご紹介いたします。

 
 
 
1.荷受
収穫され、集められた籾、麦は、荷受口から流し込まれます。
 
2.粗選及び計量
籾、麦のなかに混ざっているワラ等のゴミや未成熟籾が取り除かれ、生産者の持分を決定する計量が行われます。
 
4.乾燥
SDSによる乾燥を繰り返し、籾を最適水分14〜15%に仕上げます。
 
5.精選及び計量
きれいな精籾、枝梗付の籾(麦)、未成熟籾などに選別します。
 
6.貯蔵
仕上がった精籾を最適な状態で長期間貯蔵します。
 
  7.籾摺と計量
必要な時に、必要な量だけ籾摺・計量されます。
 
8.出荷
消費者へ新鮮なおいしいお米、麦をお届けします。
 
 
SDSカントリーエレベーター
日本車両製造株式会社