> ホーム > 事業・製品> 営農施設 

農業設備の効率化・合理化のための総合エンジニアリング

籾殻熱風発生装置

 

「籾殻熱風発生装置」は、カントリーエレベーター等の共同乾燥施設において、そこで発生する廃棄物となる籾殻を燃焼し熱交換により熱風を発生させる装置で、生籾の乾燥や育苗・ハウス栽培用の熱源に利用することができます。 また、籾殻燃焼後の燃焼灰は土壌改良剤として農地に還元できます。

「籾殻熱風発生装置」の導入は、廃棄物となる籾殻を利用することにより灯油など化石燃料の使用が大幅に削減され、CO2削減に大きく寄与でき、これからの環境保全型農業の推進につながります。

 

 

 

営農施設に関するお問合せ


日本車輌製造株式会社 エンジニアリング本部 営農施設部
〒456-8691名古屋市熱田区三本松町1番1号   052-882-3336