トピックス 事業・製品 投資家情報 社会・環境 会社概要 採用情報

 鉄道車両輸送機器橋  梁建設機械発電機エンジニアリングレーザ加工機

>  ホーム  >  事業・製品 > 発電機 > 可搬式ディーゼル発電機 NESシリーズ
可搬式ディーゼル発電機
NES特長仕様・カタログオプション納入実績届出・手続き一般停電用非常用発電機お問合せ
発電機の選び方
可搬式ディーゼル発電機【NESシリーズ】
防災用非常用発電機【COPパックパワーシリーズ】
定周波定電圧ディーゼル発電機【CFシリーズ】
避難所用発電機【PS25】

可搬式ディーゼル発電機 NESシリーズオプション

省エネリモコン・スローダウン装置

待機中のエンジン回転数をおさえ、燃料代を節約!

省エネリモコンおよびスローダウン装置は遠方操作、スイッチひとつでエンジン の回転を操作する燃料代節減をねらった装置です。わずかな費用でコストダウンに貢献します! どちらも有線のリモコン装置です。
遠方操作 省エネリモコン スローダウン装置
アイドリング/
定格回転
始動/停止 -
付属ケーブル 10m 30m

 

待機中の燃料消費を節約

 ディーゼル発電機の通常の運転は「高速」と呼ばれ、エンジンは毎分1800回転(60Hzの場合)で運転されます。杭打機の作業用電源として使われる場合、電力が必要な作業中だけでなく、電力を使わない待機中も「高速」で運転されます。待機中にエンジン回転数を「アイドリング」モードにすれば燃料を節減できますが、操作が煩わしいため、実施されないのが実情です。

 省エネリモコンおよびスローダウン装置は「高速⇔アイドリング(スローダウン)」をスイッチ1つで切替える機能を有したもので、 杭打機運転室に設置することにより、オペレータが簡単に操作できます。「アイドリング(スローダウン)」の燃料消費は「高速」の場合の20〜30%程度であり、待機時間の長い杭打ち作業では大幅な節約が期待できます。 また、スローダウン装置は発電装置の始動・停止操作も行えます。 

省エネリモコンおよびスローダウン装置は『高速』から『アイドリング(スローダウン)』の切替えで無負荷時の燃料代を節減します。

 

ご注意:負荷運転時は必ず『高速』に切替えて負荷を投入ください。

 

■節減例 (使用条件、燃料代により異なります。)
燃料代 軽油100円/L   節減燃料代

1日の燃料節減額
(13.6L-2.9L)x4hx100円=4,280円

1ヶ月の燃料設減額
4,280円x20日=85,600円

発電機 NES400EM
周波数/回転数 60Hz/1800min-1
運転時間 8時間/日  20日/月
無負荷運転時間 4時間/日
無負荷運転時燃料消費量 13.6L/h
アイドリング時燃料消費量 2.9L/h

■無負荷、燃料消費量一覧(PF=1.0)
機種 燃料消費量(L/h)
idle 800min-1 50Hz定格回転
1500min-1
60Hz定格回転
1800min-1
NES150EH 1.3 3.6 5.0
NES400EM 2.9 9.3 13.6
NES500EM 3.5 11.0 16.2
NES610SM 5.0 15.5 22.6
NES800SM 9.0 23.0 33.5


 

納入事例

納入事例

納入製品 NES500EM
納入先業種 建設工事業(北海道)
発電機の用途 杭施工用の電源
運用方法 可搬型運用
  ・排ガス2次基準対応
省エネリモコン

省エネリモコンは三点式杭打機(日車製)の際に使用します。北海道では、発電機の外側にオイルを洩らさない防油堤が多いようです。 そのため、排ガス2次までの機械は今回のように「簡易防油堤」が多くついているそうです。

   





このページのトップへ戻る▲

オプション一覧対応表

オプション一覧

 

 



日本車両の発電機 NESシリーズの特長   仕様   オプション   納入事例   届出 

 tel
tel:052-623-3320 tel
tel
tel