土木・建築構造物を支える基礎の基礎

連続壁基礎/基礎の分類  Diaphragm wall

地中に壁をつくる 連続壁基礎

堤防、山留壁、止水壁、土塁壁、地下ダム止水壁、地下構造物、地下鉄など

地中、山中、海中などの止水、土留めの役割で、仮基礎、本基礎など様々に活用されます。杭基礎をラップさせながら連続させて壁構造の基礎ができます。

 

 

 
       

連続壁基礎

Diaphragm wall

掘削口径(小)
φ450〜900

主に柔らかい地盤

(シルト・粘土・砂系の地質)

SMW(ソイルセメント)工法

大型杭打機(DH558以上)

攪拌軸:2〜5軸

掘削口径(大)
φ1500〜3000

主に固い地盤

(転石のある地盤、既存構造物の残る地盤、岩盤など)

全回転チュービング装置(RT)


 SMW(ソイルセメント)工法

SMW(ソイルセメント)工法は、日本において大変普及している、連続止水壁や連続土留壁の構築工法です。

SMWは、握りこぶし以上の玉石が連続的に存在する場合は不向きですが、シルト・粘土・砂系の地質においては、「攪拌翼の外径軌跡までの厚味を持った連続壁」を確実に構築できる利点があります。

 SMW工法は、杭打機に装着したア−スオーガ(120〜240PS)に、一般的には3軸が使われますが、2軸から5軸の攪拌ロッドを連結し、主として自重により回転・圧入させながら、攪拌ロッドの先端からセメントスラリー+エアーを注入・噴射し、原位置の土砂とセメントスラリーを攪拌・混合します。 所定のラップ代を持った柱列連続壁が構築されます。

日本車両では、これらSMW工法用のSMW機ベースマシンとして主に、DH558以上の大型杭打機、オーガとしてはNAWシリ−ズで対応しています。

 

※ 土(Soil)とセメントスラリーを原位置で混合攪拌(Mixing)し地中に造成する壁体(Wall)


 
大型杭打機
    全回転チュービング装置(RTシリーズ)
全回転チュービング装置


大型杭打機
三点式
パイルドライバ


小型杭打機・
地盤改良機

全回転チュービング装置(RTシリーズ)
全回転チュービング装置(RT)

アースドリル
(アースボーイ)
クローラクレーン
クローラクレーン


可搬型・非常用発電機
 tel
tel tel
tel
tel
   
日本車両製造株式会社