> ホーム > 事業・製品> レーザ加工機 

新製品:精密板金加工用ファイバーレーザー加工機 NisshaHCシリーズ

ファイバレーザ加工機

社会に貢献するレーザ微細加工技術

情報機器・医療をはじめ各産業分野における先端デバイスの製造を支える微細加工技術。日本車両は精密板金加工機及びプリント回路基盤製造の要となるハンダ印刷用ステンシル加工機を開発。今後も各産業分野のフロンティア開拓に貢献する微細加工技術を主軸とした新製品を開発、投入いたします。

 2018.10 幕張メッセ Photonix2018 − 第11回 レーザ加工技術展 − に出展致します

 2018.06 日刊工業新聞に掲載〜IoTでレーザ加工機を遠隔監視 メンテ作業効率化 

 

〜業界トップクラスの精密加工〜

製品一覧

新製品:精密板金加工用ファイバーレーザー加工機 NisshaHCシリーズ

ファイバレーザ精密板金加工機

NisshaHCシリーズ

コンパクトな筐体、幅広い材料への加工、あらゆるカスタマイズに対応可能

最小切断幅25μmを実現する業界トップクラスの高精細加工技術で幅広い材質、板厚への加工が可能です。プレス加工では加工困難な形状も簡単に加工でき、納期も短縮できます。

ファイバーレーザーステンシル加工機 HS1250

ファイバレーザステンシル加工機

NisshaHS1250シリーズ

高速・高精度・高品質、ロングストローク

ステンシル加工機HS1250シリーズは、発売以来、高ビーム品質が特徴であるファイバレーザによる高品質切断壁面、またナノメータ制御とラピッドステージによる高速・高精度加工でご好評をいただいております。 

ファイバレーザステンシル加工機HSC400

ファイバレーザステンシル加工機

NisshaHSCシリーズ

コンパクトな筺体、簡単操作

NisshaHSCシリーズは、未加工の紗枠付ワークと加工データさえ用意すれば、だれにでも簡単にステンシルマスクを作成できます。紗枠付ワークで加工しますので、加工後すぐに印刷機にセットができ、リードタイムの大幅な短縮が可能となります。

 

 

日本車両製品が選ばれる理由

●中出力レーザだからこそできる加工はたくさんあります。

低出力だと、精度は上がるが切断するにはパワーが足りない。大出力だと、パワーはあるが、精度は難しく、材料への熱影響も無視できない。
中出力のレーザなら、精度とパワーを両立した様々な加工が実現できます。

高精度加工・高速加工・低熱影響加工・高歩留

 

 

●お客様のわがままを実現します。

当社が持つ制御技術材料加工技術カスタマイズ技術をもとに、 お客様が求める加工品質とタクトタイム、そして自動化を含めた低コストの加工システムを提案します。

 

【日本車両独自のレーザ加工技術】

 

●安全性を第一に考えています。 

【レーザクラス1認定】

JIS C 6802「レーザ製品の安全基準」の最高クラスであるクラス1を認定取得。  お客様の眼への影響に配慮した設計となって おり、レーザ光線の安全対策設備は不要です。安心してお使いいただけます。

 

 

 

 

 

レーザ加工機に関するお問合せ

設備投資には補助金・助成金活用!