|English|お問合せ|

トピックス 事業・製品 投資家情報 社会・環境 会社概要 採用情報

  鉄道車両輸送機器橋  梁建設機械・発電機エンジニアリングレーザー加工機

> ホーム > 事業・製品 > 製紙関連機器 >  

破砕機 SSIシュレッダー

破砕機トップスマートフィード4軸破砕機粗破砕機2軸破砕機1軸破砕機ラガーロープ刃物補修納入事例破砕テスト

SSI破砕機の独自技術  【SSI特許】

破砕機一筋30年以上、鉄・部品等の材質から強度までと研究を重ね、耐久性ある切れ味抜群の破砕機を 設計・製作しています。
「お客様毎に応じた仕様設計」、この経験と実績から、破砕機能力を最大限に引き出す「破砕に対するノウハウ」を持っています。

 

重ねたカッターの締め付けが緊密なので切断性能が向上し、カッター寿命が長くなります。又、カッター・スペーサーの締め付けが継続する為、頻繁な増し締めが不要。その締付力は、45,000kgにも達します。

SSI特許
【カッターロッキングシステム】
ACLS  (ADVANCED CUTTER LOCKING SYSTEM)

約45,000kg(ナットで締める方式の約8.5倍)にも達する力を加え、カッターとスペーサーを密着させます。 切断性能が向上し、カッターやシャフト等の内部部品へのダメージを防ぎ、部品寿命を長く保つことが出来ます。 また、頻繁な増し締めがなくなり、時間と費用の節約も特徴の一つです。

 

靴ひもと同じで、最初しっかり絞めても、履いているうちに紐は緩んできます。 破砕機も同じで、使っているうちに、シャフトに組込んだ刃物とスペーサーは緩んできます。
そうなると、破砕能力が落ちると同時に、異物がシャフトや刃物の隙間に入り込み、部品の摩耗や破損に影響します。 また、異物が入った状態で使っていると、刃物交換時、刃物を抜く作業が大変になります。(時間も要します)
このロッキングシステムは、トルクレンチで簡単に締付け、刃物とスペーサーの 隙間を一定に保つことが出来る為、長期の切れ味を保ち、異物の混入を防ぎます。
 1週間に1回ほど、操業前にトルクレンチで、各ナットをカチカチと締めてもらうだけと、 非常に簡単な作業で10分も掛かりません。

 

SSI特許
【対衝撃保護装置】
SSP-SEVERE SHOCK PROTECTION

過負荷時に破砕機の突然停止は、刃物、シャフト、輪列に大きなダメージを与えてしまいます。 SSP(対衝撃保護装置)により、モーターと減速機を接続するトルク制御継手を滑らせて、過負荷時の衝撃を軽減・システム全体が壊れないよう保護します。


SSI特許
【油圧押込み装置】
Ram Pusher

油圧押込み装置により、破砕対象物を確実に押さえ、効率よく破砕します。

こちらはオプションです。


SSI特許
【スマートドライブシステム】
SMARTDRIVE

スマートドライブシステムとは?油圧式と電動式の特性を併せ持った新しい駆動システムです。

モーター電流値を検知して特殊なインバーターにより負荷に応じて回転数を制御し、効率良く破砕を行うことが可能です。

こちらはオプションです。




SSI破砕機トップスマートフィード4軸破砕機粗破砕機2軸破砕機1軸破砕機ラガーロープ刃物補修納入事例破砕テスト

 
tel

tel
問合せフォーム

tel