トピックス 事業・製品 投資家情報 社会・環境 会社概要 採用情報

 鉄道車両輸送機器橋  梁建設機械発電機エンジニアリングレーザ加工機

>  ホーム  >  事業・製品 > 橋 梁
キャリア採用 : 鋼橋架設・補修技術経験者及び橋梁設計技術者(キャリア)を募集

溶接部ヘルスモニタリング

d-bot.gif (81 バイト) 溶接部ヘルスモニタリングの特長

●広い範囲に渡って多数の箇所の疲労き裂を連続監視できます。

●疲労き裂の発生を自動的に通報します。

●他のモニタリングシステムよりも比較的安価に設置でき、メンテナンスコストを節約できます。

●塗装塗り替えと同時に施工すると足場費用を削減できます。

●疲労き裂を早期に発見するので補修・補強対策の検討時間を確保できます。

 システムの配置例と構成機器 

破断検知リレーとTDRを組み合わせた使用法

@設置

A列車・自動車等の走行によりき裂が発生 → 検知線が破断 → 導通が途切れる

BTDRにつなぎ替え → 列車・自動車等が走行中に位置特定を行う

C1番目のき裂及び破断検知線を修復 → TDRで2番目のき裂位置特定 →
 2番目のき裂及び破断検知線を修復 → TDR計測 → 異常なしを確認し終了

TDR(Time Domain Reflectometry)法

2本の導線間に電気的なパルスを送ると、導線が短絡・断線している場合にパルスが反射して戻る原理を応用し、断線位置を特定する技術。
電線破断までの距離と電線敷設図を対比させ亀裂発生個所を特定。(一筆書きで配線して使用)

TDR位置確認精度

検知線と銅線を交互に16回接合した最大70mの回路を数種類作成し確認試験
⇒ 位置誤差は最大で1.5%(絶対値で1m)と、実用上十分な精度を確認

 実際の橋梁への適用例

   
    @貼付個所の清掃 A接着剤の塗布完了
   
    B検知線の貼付完了 CTDR通電試験

 

制御盤  (破断検知リレーとTDRを組み合わせた使用法の場合)

※このシステムは東海旅客鉄道株式会社殿との共同開発です。(特許取得済)


 
日本車両製造株式会社