>  ホーム  >  事業・製品 > 橋 梁

> 橋梁の架設工法

ケーブルエレクション工法

ケーブルエレクション工法は、桁下が流水部、谷間などでベントが設置できない場合、また鉄塔設備とアンカーブロックが設置できる場合に使用する工法です。

作業の流れ

@鉄塔設備を移動式クレーンなどで組み立てます。

A直吊り設備とケーブルクレーン設備を組み立てます。

BC架設部材をケーブルクレーンにて吊り込み、直吊り設備の受け梁で支持しながら、逐次架設していきます。

D架設完了後、仮設備を解体します。

対風設備が必要です。 作業員は熟練を要します。 架設時の強度計算、形状管理など、高度な技術を要します。


ケーブルエレクション工法:土岐川橋


キャリア採用 : 鋼橋架設・補修技術経験者及び橋梁設計技術者(キャリア)を募集


橋梁の架設工法


ベント工法

送り出し工法

ケーブルエレクション工法

トラベラクレーン工法

大ブロック工法

BOSS工法


直近の工事実績


橋の用語集


橋ができるまで