> ホーム > 事業・製品> 鉄道車両

技術開発・設計検証>音響解析・実験

車両表面の段差による流体騒音の解析 静電アンテナカバーの流体騒音解析  統計的エネルギー解析を用いた騒音振動の予測 縮小模型を用いたトンネル突入実験

縮小模型を用いたトンネル突入実験

新幹線がトンネルに突入する時に生じる現象を、模型を用いて再現します。新幹線がトンネルに突入するとトンネル内の空気が圧縮され、この圧縮波がトンネルの内部を伝わってトンネル出口で大きな騒音を発生させます(トンネル微気圧波)。この微気圧波による騒音を小さくするために最適な新幹線の先頭形状を、この実験装置で検証しています。