> ホーム > 事業・製品> 鉄道車両

技術開発・設計検証>流体解析>

高速車両のトンネル突入シミュレーション 高速車両のトンネル内すれ違いのシミュレーション 空調ダクト内の流れ解析 客室内の空調シミュレーション  客室空調吹き出し口の効率化

高速車両のトンネル突入シミュレーション

新幹線がトンネルに突入したら…

新幹線がトンネルに突入すると、トンネル出口側ではドーンという大きな音と振動が起こります。これは、新幹線がトンネルに突入した時に発生する圧力波が引き起こすものです。これは、新幹線のスピードが速くなればなるほど大きくなります。また、新幹線の先頭形状がこの現象の大きさに影響しています。  

トンネルに突入する状態をシミュレートした結果を示します。
トンネルに突入すると、赤で示した圧力の高い部分が急激に大きくなります。

これがトンネル出口の音を引き起こす圧力波なのです。

新幹線の先頭形状を決めるには、こういった急激な圧力上昇を抑えることも一つの要素になっています。