> ホーム > 事業・製品> 輸送機器

 

 

ユニットキャリヤ

ユニット構成と様々な編成モード

ユニットキャリヤの特長  |  ユニット編成  |  仕様  |  納入事例動画紹介

 ユニットキャリヤは、125t積の3軸ドーリとパワーユニット(エンジン、油圧装置)、キャブユニットを組み合わせ、積載物にあわせてフレキシブルな編成を組み、巨大な編成でも1人のオペレータで操作することが可能です。  

 

 

 

様々な用途に対応する自由度の高い編成モード  

固定編成モード バリアブル編成モード 特殊編成モード
頻繁に使用される250t〜750tまでの12パターンの標準的な編成モードです。 運転室内のタッチパネルにて車両間の間隔を入力制御が可能です。 パソコン上で車両座標を入力し、平行四辺形、台形、菱形などの多様な編成の作成が可能な特殊編成モードを用意しています。

前後進ハの字、横行、斜行、スピンターン、扇旋回など多彩な操舵モードが可能です。
無線コントローラを採用。車両から離れて安全な遠隔操縦、インチング操作によりセンチ単位で確実な操作を実現します。

 

編成パターン例

 

ユニットキャリヤの特長  |  ユニット編成  |  仕様  |  納入事例動画紹介

 

お問合せ