トピックス 事業・製品 投資家情報 社会・環境 会社概要 採用情報

 鉄道車両輸送機器橋  梁建設機械発電機エンジニアリングレーザ加工機

>  ホーム  >  事業・製品 > 輸送機器

ディーゼル機関車  | 臨海鉄道用DHL   | 製鉄所向けDHL

製鉄所向けディーゼル機関車


 

構内用 次世代型液体式ディーゼル機関車  Diesel Locomotives

名古屋臨海鉄道(株)殿向け 64tDHL完成

汎用エンジン、パワーシフトトランスミッション、最新の制御 機器を採用し燃費が良く、メ ンテナンスコストの安い次世代 型ディーゼル機関車です。

日本車両のディーゼル機関車はJR、臨海鉄道、専用線をはじめあらゆるニーズに的確にこたえ、高い 評価をいただいています。このたび環境変化の著しい構内用として次世代型のディーゼル機関車 を開発いたしましたので、ここに紹介いたします。

1.建設機械等で実績のある量産エンジン

・従来の機関車用エンジンと較べて低コスト、部品入手性向上
・保守スペースを考慮した合理的な機器配置

2.パワーシフトトランスミッションの採用

・トルコン、逆転機、第1推進軸の一体化
・新しいパワーラインにより燃費の向上(同タイプエンジンを  使用した製鐵所向け最新機では既納車と比較して約4割削減)

3.汎用電気御器の使用

従来従来の高価な機関車専用ATOに代わる汎用シーケンサによる制御装置を採用し、整備性の向上及び整備コストのダウンが実現した。

4.運転台

・中央運転室を廃止し、制御室を設けて制御機器を設置すると共に乗務員休憩スペースを確保しております。
・車両前後端に簡易運転台を設置し(通常は無線操縦、非常時には前後の運転台で手動操作が可能)、運転及び作業性の向上を図っております。

▲エンジン▲制御装置▲簡易運転台

次世代の機関車は長寿命での使用を考慮し、長期的に部品供給が可能な汎用部品を積極的に採り入れています。デットウェイトにより80トンまでの製作が可能です。

 

 

 tel
tel サポート情報
全国の営業拠点
 
日本車両製造株式会社