トピックス 事業・製品 投資家情報 社会・環境 会社概要 採用情報
>  ホーム  >  社会・環境

社会・環境報告書2017 トップメッセージ 環境マネジメント 社会貢献活動 環境にやさしい製品

日本車両の社会・環境活動

エンジニアリング・営農施設 ~環境にやさしい製品開発~

米麦の乾燥調製貯蔵施設(カントリーエレベーター)などの設備の効率化・合理化により、地球環境の保護に貢献しています。

微生物農薬対応種子自動消毒装置の開発

 日本車両では、良質な米を生産するための種籾(たねもみ)を出荷する「種子センター」と呼ばれる施設を納入しています。種子センターでは、入荷した籾を、適切な管理のもと乾燥・調製・消毒しており、特に消毒は種籾が苗腐敗症等の病気にかからないように殺菌する重要な工程です。  日本車両は、これまで化学薬品を使用する消毒装置を製造販売してきましたが、「食の安全」を高めるために、殺菌効果が高く農薬使用とみなされない微生物農薬に着目し、微生物農薬に対応できる消毒装置を開発しました。  本消毒装置は、籾に微生物農薬を適量付着させるための噴霧制御と、生き物である微生物が死滅しない最適温度で乾燥が可能となる送風温度制御が特徴です。(特許申請中) また、環境面では、微生物農薬は自然界に生息する微生物であり毒性はなく、化学薬品の毒性・残留などによる土壌、水および生物への影響がなくなります。  微生物農薬により、減農薬栽培・無農薬栽培といった特別栽培を促進し、「食の安全」に貢献できるものと考えております。

  
 

カントリーエレベーター向け「乾式集塵装置」の開発

 カントリーエレベーター等の営農施設での集塵装置は、従来、水をシャワーリングすることにより埃を捕集する湿式タイプを設置していましたが、今回、省エネ、環境負荷低減を目的として水を使用しない「ロータリーエアーフィルター式乾式集塵装置」を開発しました。

 

 「ロータリーエアーフィルター式乾式集塵装置」は、施設各所から除塵機により集められた埃を乾式ロータリーエアーフィルターにて吸着し、クリーンな空気を施設外に排出します。従来の水を使用して埃を捕集する湿式タイプでは、水の循環等に大型ポンプが必要で稼動時には大容量の電気が必要となっていましたが、乾式集塵装置は小型モーターで駆動するため、湿式タイプに比べ稼働時の使用電力を3割程度削減する事ができます。また、湿式タイプは排水の処理が必要となるため、環境対策としても乾式タイプの方が有利です。  「ロータリーエアーフィルター式乾式集塵装置」は湿式タイプの欠点を補い、湿式タイプと同等以上の除塵効果があり、総合的に環境負荷を低減しています。

 

種子用遠赤外線乾燥機

「遠赤外線乾燥機」は、機械内部に組み込まれた遠赤外線放射体より、種籾1粒ごとに直接遠赤外線を照射して乾燥する機械です。

従来の熱風乾燥機と異なり、熱を種籾の中心部までムラなく均一に伝えることができるので、効率的な乾燥作業が可能です。 

 そのため、乾燥作業時の灯油消費量については15%、また消費電力でも40%の削減となり、省エネ機械として地球環境の保護に貢献しています。

 

 
>  ホーム  >  社会・環境

社会・環境報告書2017 トップメッセージ 環境マネジメント 社会貢献活動 環境にやさしい製品

日本車両製造株式会社