採用情報総合職【事務系】先輩社員の声 > 経済学部経済学科卒

文系出身で味わうモノづくりの喜び。 経済学部経済学科 

先輩社員の声

輸機・インフラ本部 資材部 資材第二グループ 

輸機インフラ本部 橋梁・インフラ部門

主に橋梁の設計から製作・現地施工まで一貫して取り組む部門です。鋼製橋梁メーカーとして道路橋、鉄道橋を中心に2,000橋以上の実績を持ち、明石海峡大橋、レインボーブリッジ、名港トリトンなどの案件を手がけています。

部品一つの遅れも許されない厳しさ

 

文系出身者がメーカーを選ぶときは、“花形”の営業を志望するケースが多いと思います。私も最初は営業を考えていました。ところが研修で資材部の仕事に触れ、モノづくりの現場に近いところで仕事ができると知り、資材部を志望することに。学生の立場ではなかなか目の向きにくい部署ですが、非常にやりがいのある業務を担当しています。

 現在担当しているのは、橋梁及びタンク部品の調達です。塗料や高力ボルトなどはその代表です。図面に基づいて求められる仕様を確認し、メーカーに声をかけて金額や納期などを交渉し、工場での作業に間に合うように納入してもらうことが一連の流れとなります。

 例えば鋼材をつなぐための高力ボルトは、一本の橋をかけるために何万本も使われますが、その中でたった一本不足するだけで工事がストップしてしまうほど重要な部品です。納品が工事に間に合わないということは絶対に許されません。ですから発注の際にもメーカー数社に分散して発注するなど、しっかりとしたリスク管理が必要です。直接自分の手を動かしてモノをつくっているわけではありませんが、その現場を裏側で支えているという実感があります。

 

部品メーカーとWin・Winの関係構築も調達の使命

奥が深いのは値段の交渉です。橋梁の原価に購入品の占める割合は大きいのでコストダウンは重要です。しかし、だからといって品質を下げるわけにはいきませんので安ければいいというものはありません。品質は担保しつつ、メーカーと交渉して適切な金額での取引を行うことが大切です。メーカーが優れた品質の部品を供給してくれるから当社もモノづくりができており、その意味でも、安ければいいとは言い切れません。部品メーカーとWin・Winの取引ができるよう、日々仕事に取り組んでいます。

 もちろんそうした取引ができるようになるには、メーカーと対等に話ができるほどの専門知識が必要です。メーカーは部品に関してはプロ。わからないことがあったら質問し、教えてもらうのが一番です。確かに発注者はこちら側ですが、だからといってそこに上下の関係はありません。信頼をベースにした対等な関係を築いてこそ、私たち担当者の専門知識も深まります。そのため、いつでも感謝の思いを忘れてはなりません。

 

“売る仕事”もわかった調達担当を目指す

日本車両は、大きな町工場だと感じています。製造の現場がすぐ近くにあり、事務屋の私もいつでもヘルメットをかぶって足を運ぶことができるからです。そこで耳にしたことは調達の際の大きな参考になりますし、自分の調達した部品が使われているのを目にすることもできます。街の中で当社が手がけた橋梁を目にすると、陰ながら自分も関わったことを誇らしく感じます。

 私は入社以来調達の仕事一筋ですが、今後は“買う仕事”とは反対の“売る仕事”、つまり営業も経験したいと思います。その後再び調達の仕事に戻り、売る側のことも理解した調達担当になりたいと考えています。

 

輸機・インフラ本部 資材部 資材第二グループ

2011年入社 経済学部経済学科卒
 地元・愛知県のモノづくりメーカーを志望。文系ではあったものの、子どもの頃から機械が好きだったので、モノづくりを支える仕事がしたいと思った。つくったものがそのまま役立つところで使われる「完成車メーカー」であることに魅力を感じ、日本車両に入社する。

● Personal Life はこちらへ


次の先輩社員の声 >

輸機インフラ本部 橋梁・インフラ部門