採用情報総合職【事務系】先輩社員の声 > 経済学部経済学科

文系出身の営業でも、モノづくりやメンテナンスに携われる。 経済学部経済学科 

先輩社員の声

エンジニアリング本部 エンジニアリング部 営業第二グループ 

エンジニアリング本部

エンジニアリング本部は日本車両の製造部門を持たない事業を統合し効率的な運用を図るために設立された部門です。各部門が長年つちかってきた技術力を機能的に組合せ、お客様に対し積極的な提案を行っています。

お客様と社内の仲介役として

 

日々、当たり前のようにたくさんの乗客を乗せて走っている新幹線車両や在来線車両。そんな当たり前の日常も、列車の安全・安定輸送が約束されているからこそ。私が担当しているのは、こうした鉄道車両向けの検査・修繕用の機械設備です。 車両の台車と呼ばれる走り装置部分の交換装置などがその一例で、言うまでもなく一般の方が目にすることはほとんどありません。しかし、運行中の事故や故障を未然に防ぎ、鉄道の安全・安定輸送の実現には不可欠の装置です。文字通り、縁の下の力持ちといえます。 検査・修繕用設備は、すべてが一品一様のオーダーメイド。お客様のニーズに合わせて、仕様はすべて異なります。ですから営業もカタログを手にして説明するようなスタイルではなく、お客様のニーズをヒアリングし、最適の仕様や価格を提案する「提案型営業」のスタイルです。お客様と社内の仲介役のような存在で、営業でありながらもモノづくりに深く関わっている実感が得られます。

 

時には、自ら工具を使って修理することも

納品済みの設備の保守も大切な仕事です。 あるお客様の工場で検査・修繕の作業中に、当社の納品した設備が止まってしまったことがありました。このままでは検査・修繕作業が行えず、列車の運行にも支障が生じてしまいかねません。 一報を受けた私はすぐに工場に駆けつけ、パソコンや図面を活用し不具合箇所を特定した後、自ら工具を手にして修理を行いました。結果的に検査・修繕作業が大きく滞ることはなく、お客様からは「来て1時間で直しちゃうなんて、さすが日本車両だね」との言葉をいただきました。 このように文系出身の営業であっても、簡単な修理作業は自分で行ってしまう技術力は、当社ならでは。お客様は検査・修繕のスケジュールを崩すことなく作業を進められるため、大きな満足を得ることができるのです。

 

貪欲に技術を吸収していく

文系の出身ですから、新入社員で最初の頃は図面を見ても全くわからず、お客様の話を伺っても専門用語だらけで、内容を理解できませんでした。そこで自分なりに初めて聞いた言葉やわからない言葉は調べ、積極的にお客様の工場に足を運んで、現物を見てお客様とコミュニケーションを図ることで、知識を吸収していきました。すると1年が過ぎた頃になって、急に視界が開けるように図面が読め、お客様とも具体的な会話ができるようになったのです。わからないからこそ諦めずに勉強を続けることが大切だと知りました。 それでもまだまだ技術的な知識は不足していますし、上司や先輩の助けを借りることも多くあります。近い将来には自分の力だけでお客様のニーズに応えられるようになりたいと思っています。

 

 2027年に東京―名古屋間で開通する予定の超電導リニアによる中央新幹線の開業に向けて、当社でも超電導リニアに関連する装置の開発を進めています。私は将来自分に子どもができたとき「リニアの運行を支える装置にお父さんの会社は携わっているんだよ」と教えてあげられるようになりたいと思って仕事を続けてきました。その夢が叶えられたら、こんなに幸せなことはありません。

 

 

エンジニアリング本部 エンジニアリング部 営業第二グループ

2012年入社 経済学部経済学科卒
 「世の中に形として残る仕事がしたい」という思いから、製造業を中心に就職活動をする。特に、自社の製品にいかに誇りを持てるかという観点から、「製品規模が大きく」「大量生産ではない」という鉄道車両に惹かれ、日本車両に入社を決めた。

● Personal Life はこちらへ


次の先輩社員の声 >

エンジニアリング本部