採用情報 会社概要事業所> 衣浦製作所

日本車両の生産拠点

衣浦製作所

衣浦製作所は1961年(昭和36年)に橋梁鉄骨・化工機製作を開始、設計から製作・現地施工まで一貫して取り組む鋼製橋梁メーカーとして50年の歴史があります。

衣浦製作所

衣浦製作所
〒475-0831 愛知県半田市11号地20番地

敷地面積/332,000u  建物面積/48,600u

ISO14001
ISO9001 ISO14001
96QR-25 JQA-EM2063


輸機インフラ本部 橋梁・インフラ部門

主に橋梁の設計から製作・現地施工まで一貫して取り組む部門です。鋼製橋梁メーカーとして道路橋、鉄道橋を中心に2,000橋以上の実績を持ち、明石海峡大橋、レインボーブリッジ、名港トリトンなどの案件を手がけています。

衣浦製作所(橋梁製造)の歴史
和暦 記事 西暦
昭和36年10月 大江工場(名古屋市港区)新設、橋梁鉄骨・化工機製作を開始 1961
昭和45年 4月 大利根工場(茨城県総和町・現大利根製作所)新設、橋梁鉄骨の製作を開始 1970
昭和50年 6月 衣浦作業所(愛知県半田市・現衣浦製作所)新設、橋梁・鋼構造物の仮組を開始 1975
昭和59年11月 大江工場を廃止し衣浦製作所へ移転・統合 1984
平成17年 6月 大利根製作所を廃止し、衣浦製作所へ集約 2005
平成20年 4月 輸機・インフラ本部として事業統合 2008