採用情報 会社概要事業所> 鳴海製作所

日本車両の生産拠点

鳴海製作所

鳴海製作所は1959年(昭和34年1月)に建設機械の製造を開始し、現在では基礎工事用建設機械・発電機を製造しています。

鳴海製作所

鳴海製作所
〒458-8502 名古屋市緑区鳴海町字柳長80番地  yahoo-地図情報
敷地面積/63,100u 建物面積/28,800u

ISO9001
ISO9001
JQA-1232
ISO14001
ISO14001
JQA-EM4858

機電本部(建設機械・発電機)  

機電本部は主に基礎工事に特化した建設機械・発電機を開発・製造販売する部門です。1963年世界初の三点式杭打機を開発して以来、基礎工事用機械の歴史に次々と新しい技術とアイデアを導入。優れた機動性と、低騒音・低振動・省エネルギーなどを実現し、つねに基礎工事業界をリードしてきました。

鳴海製作所の歴史
和暦 鳴海製作所の歩み 西暦
昭和13年6月 鳴海工場(名古屋市緑区・現鳴海製作所)新設、貨車の製作を開始 1938
昭和34年1月 鳴海工場において、建設機械の製作を開始
日本車両の建設機械 第1号機パワーショベルDH-06形完成 
1959
昭和35年9月 日本初の「工事用可搬式ディーゼル発電機」を開発 1960
昭和37年 日本初の「三点支持式杭打機」を開発・発売 1962