採用情報【技能職】  

日本車輪製造は、1896年に鉄道車両の製造販売を目的として誕生し、日本の鉄道技術の発展を支えてきました。世界に誇る新幹線車両の製造を開発当初から支えるなど、その高い技術は世界的にも高く評価されています。そうして培った技術を大型建設機械や輸送用機器、橋梁建設など多彩な分野に活かし、世界の数多くの人たちの生活向上に貢献しています。

技能職

技能職とは実際の製造現場で溶接、機械加工、組立塗装、検査など、ものづくりに従事する職群のことです。 日本車両製品は受注生産方式が主であり1つ1つ手作りの製品づくりとなるため、経験を積み重ねた職人技が発揮される仕事です。