採用情報製品紹介> 杭打機ができるまで

 日本車両製品の製造工程を紹介

杭打機ができるまで

設計

設計

日本車両の建設機械は基本的に受注生産で、客先のニーズに応えた細やかな開発を行っています。そのためにユーザーとの仕様打ち合わせを行い、要望を聞いて図面に落とし込んでいきます。

鉄道車両本部 技術部 電気グループ
ビルや工場と言った大建造物の杭基礎から住宅地の地盤改良まで、日本車両が生み出す建設機械は、インフラ整備に不可欠な縁の下の力持ちです。この基礎機械の分野で、日本車両は常にシェアトップクラス。特に大型の3点式杭打機では、常に100%近いシェアを誇っているのです。 ユーザーである基礎工事会社の意向を反映しつつも、建設機械の開発・製造を任されているのはあくまで日本車両。機電本部が一丸となって、1台1台思いを込めてつくりあげています。

重機本体:溶接組立    重機工場@ 部品(製缶)溶接

ロボットによる溶接  大型杭打機 本体フレーム

大型杭打機の本体フレームの溶接をロボットで行っている所です。 アーク溶接ロボットが、重機製品のメインフレーム・トラックフレームなどの大物部品の溶接に活躍しています。

優れた技能による 手ア−ク溶接

ロボットが出来ない部分については、熟練者の手による高度な溶接作業を行います。

重機本体:機械加工    重機工場A 部品(機械)加工

大型五面加工機

これは、五面加工機にて大型重機の本体フレームを機械加工しているところです。

重機本体:組立    重機工場B 組立

大型重機組立ライン

大型重機の組立を行なうラインはワークを台車に乗せて、組立ピット順に送り、組付を行っていきます。

防塵室

防塵室では、ほこりを嫌う油圧配管の組立を行います。

重機本体の組立完了

組み上がる重機本体

重機本体:ラインオフ検査

水漏れ検査

完成した本体の検査を行います。

重機本体:塗装

塗装ブースに運び塗装を行います。

フロント部品:溶接組立・機械加工    フロント製缶工場

 杭打機リーダ溶接

 リーダ端面加工機による機械加工

フロント部品:組立・塗装

 

フロント組み付け  

 

リーダ塗装

出荷検査・発送整備出荷検査・発送整備

性能検査

性能検査

性能等を正確にチェックし、厳しい最終検査に合格したもののみを出荷します。

出荷検査

発送整備

発送整備を行ないます。

出荷


分解・運搬

低床トレーラーで運搬可能な状態まで分解した杭打機を載せ、運搬します。

組立・納入

納入先で分解運搬した杭打機を組み立てて完了です。


 

 

日本車輌製造株式会社 オフィシャルサイトへ