採用情報総合職【技術系】>先輩社員の声>自然科学研究科人間・機械科学専攻

インフラ整備に不可欠な建設機械を自社ブランドで提供

機電本部(建設機械・発電機)  

機電本部は主に基礎工事に特化した建設機械・発電機を開発・製造販売する部門です。1963年世界初の三点式杭打機を開発して以来、基礎工事用機械の歴史に次々と新しい技術とアイデアを導入。優れた機動性と、低騒音・低振動・省エネルギーなどを実現し、つねに基礎工事業界をリードしてきました。

先輩社員の声

機電本部 開発技術部 特機グループ 

機体の「日本車両」のロゴに感じる誇り

実家の目の前がJRの駅。幼い頃から鉄道には親しみを感じていました。その思いは、年齢とともに次第に"大きなもの、公共的なもの"への関心に変わっていったのです。そして、その条件にぴったりだったのが、日本車両でした。
入社して私が配属されたのが、建設機械を開発・製造している機電本部です。実のところ、学生時代は日本車両で建設機械を製造しているとは、まったく知りませんでした。工事現場で偶然見かけた建設機械の機体に「日本車両」の文字を発見し、何だろうと思ったくらいです。だから機電本部への配属が決まった時、まさか自分があの時見かけた建設機械の仕事に携われるとは、と運命を感じたものでした。 現在私が担当しているのは、小型杭打機、アースドリル及びクレーンの開発設計です。ビルや工場と言った大建造物の杭基礎から住宅地の地盤改良まで、日本車両が生み出す建設機械は、インフラ整備に不可欠な正しく縁の下の力持ちです。この基礎機械の分野で、日本車両は常にシェアトップクラス。特に大型の3点式杭打機では、常に100%近いシェアを誇っているのです。 ユーザーである基礎工事会社の意向を反映しつつも、建設機械の開発・製造を任されているのはあくまで日本車両。機電本部が一丸となって、1台1台思いを込めてつくりあげています。私が街で偶然目撃したように、機体に「日本車両」のロゴが入っているのも、そうした強い思い入れの表れ。とても誇らしく思います。

現場で働くその姿は、まるで我が子のよう

日本車両の建設機械は基本的に受注生産です。私が開発設計を担当する場合、まずユーザーである基礎工事会社との仕様打ち合わせに同行し、要望を聞いて図面に落とし込んでいきます。例えば小型杭打機は、パワーユニットを搭載した本体装置とオーガをリーダに取り付けたフロント装置で構成されますが、あらかじめユーザーごとに必要とする機械の能力が決まっているため、メインはフロント装置の打ち合わせとなります。

ある案件では、工事の効率を上げるため、一度に深くまで掘削できる機械が欲しいとの要望があり、リーダを標準よりも延長した機械を開発しました。リーダを延長すること自体は強度的に問題ありませんが、問題となったのは機械全体の安定性が悪くなるということでした。そこで、本来は上位機種であるエンジン能力の大きな本体装置を用いることを提案。安定性を確保しつつ、下位機種のフロント装置を用いることでコストを抑えるというのが理由でした。言うならば、2つの機種をくっつけて1つにしたような機械を提案したのです。これは結果的にユーザーに満足していただくことができました。 時には納入への立ち会いやトラブル対応のために、実際の工事現場へ出向くことがあります。そこで自分の開発設計した機械が働いている姿を見ると、胸が熱くなります。「頑張れよ、しっかりやるんだぞ」と、まるで自分の子どもに声をかけるかのように、話しかけたくなるのです。

海外市場への本格的な展開が始まった

近年では、日本車両で開発・製造した建設機械が、海外にも活躍の場を広げるようになりました。中国、韓国を始め、ベトナムやシンガポールなどの東南アジア、米国、ロシアと、そのフィールドは広がっています。最近では、機電本部にも海外部が新設されました。その名前の通り、海外ユーザーとの窓口となる部署です。このことからも機電本部を挙げて積極的に海外進出へ乗り出そうと取り組んでいることがおわかりいただけるでしょう。 自分の携わった機械が国内にとどまらず、世界中で頑張っているというのは、とても素晴らしいことだと思います。今後はインフラ整備が進む新興国が大きなターゲット。海外市場への取り組みはますます加速することでしょう。 私が入社前は名前すら知らなかった機電本部。けれども今では、ここの配属になって本当によかったと感じています。本部全体の雰囲気もよく、全員で力を合わせて事業を伸ばしていこうという熱気も感じられるのです。とても居心地のいい会社だと思います。  

 

機電本部 開発技術部 特機グループ

2006年度入社
自然科学研究科 人間・機械科学専攻修了

学生時代はスポーツメーカーと共同で、金属バット形状の最適化を追究する研究に取り組んでいた。当時も今も、趣味は海外旅行。

● Personal Life はこちらへ


次の先輩社員の声 >

 

機電本部(建設機械・発電機)