採用情報総合職【技術系】>先輩社員の声>機械システム工学課程卒

一人一台のものづくり。自分の頭と手で、機械を世に送り出す。

機電本部(建設機械・発電機)  

機電本部は主に基礎工事に特化した建設機械・発電機を開発・製造販売する部門です。1963年世界初の三点式杭打機を開発して以来、基礎工事用機械の歴史に次々と新しい技術とアイデアを導入。優れた機動性と、低騒音・低振動・省エネルギーなどを実現し、つねに基礎工事業界をリードしてきました。

先輩社員の声

機電本部 開発技術部 特機グループ

 

街で見かける機械に、誇らしさを感じる

 基礎工事用機械で大きな実績を誇る日本車両。私はその開発・設計業務を担当しています。直近3年で毎年1台を新規に開発して社会に送り出しており、まさに社会に役立つものを自分の手で造っていく日本車両だからこそ、味わえるものづくりの醍醐味を実感しています。

 担当しているのは、都内の再開発など、狭い土地で杭を打つアースドリルの機械です。担当範囲は、構造部分の製作図(溶接や曲げ構造物)、油圧回路や配管図、電機回路や電線図など、担当機種のほぼすべて。部品だけ、あるいは機械の一部だけではなく、まるごと自分で開発していることになります。ユーザーのニーズをヒアリングし、様々な技術的課題を乗り越えて完成させた機械がユーザーのもとで実際に活躍している様子を見ると、大きな達成感が得られます。街を歩いていて建設現場を見かけると、そこで私の開発した機械が元気に働いていることも多く、とても誇らしい気持ちになります。こうしたものづくり本来の喜びを感じられるのは、大きな魅力です。

 

天から降ってきたアイデアで難題を解決

  ベトナムの建設現場で使用する機械の開発に携わったときのことです。要求された機能を満たすには、既存の方法では非常にコストがかかってしまうのですが、ユーザーはできるだけコストを抑えて欲しいと要望していました。この相反する課題をどうクリアするかは大きな悩みの種で、通勤の電車の中や食事中も常に考え続けていました。

 そして、どう考えても不可能ではないかと諦めかけたそのとき、自宅で入浴中に天啓がひらめいたのです。それはまさに天からアイデアが降ってきたとしか形容のできない瞬間でした。

 あまりにもシンプルなアイデアだったので、翌日、私はそのアイデアを会議室のホワイトボードに書き出し、検証。やはり難題を解決できることが判明し、その瞬間、背中がゾクッとしました。日常生活の間も無意識で考え続けたからこそ、ひらめきが生まれたのでしょう。結果的にユーザーの要求に応える機械が開発でき、その製品の納車の際はベトナムで立ち会うこともできました。 このアイデアは現在特許申請中です。自分が考えたものが特許にもなりえる、これもものづくりの仕事の喜びです。

“昭和の工場”の香りが大好きです

ラインではなく人の手でものづくりをしている会社だからか、当社は人間同士のつながりが非常に濃いことが特徴です。その雰囲気を面接の際に感じたことも、入社の理由の一つとなりました。

 部署間の垣根が極めて低いため、仕事の際は様々な人が顔をつきあわせ、相談しながら製品開発を進めています。私もオフィス内を常に歩き回り、工場にも頻繁に足を運んで、意見を交わしながらものづくりをしています。こんなスタイルが、私は大好きです。

 そして金曜日の夜は、会社の近くの居酒屋に誰彼となく集まって、本音で語り合い、盛り上がります。部署や役職は関係なし。お酒が飲めない社員もノンアルコールで参加し、話の輪に加わっています。この光景を見ていると、日本のものづくりの原動力がここにあると感じます。

 

 

機電本部 開発技術部 特機グループ

2009年入社 機械システム工学課程卒

ものづくりに携わりたいと考えたが、ラインで大量生産する仕事は性に合わないと思い、人の手で大きなものづくりをしている日本車両に魅力を感じた。一般にはあまり知られていないが実は社会に欠かせない製品が多いことにも惹かれた。

● Personal Life はこちらへ


次の先輩社員の声 >

 

機電本部(建設機械・発電機)




日本車輌製造株式会社 オフィシャルサイトへ