採用情報総合職【技術系】先輩社員の声>工学研究科マテリアル理工学専攻修了

ものづくりのすべてを手がける、エンジニアリングの醍醐味。

エンジニアリング本部

エンジニアリング本部は日本車両の製造部門を持たない事業を統合し効率的な運用を図るために設立された部門です。各部門が長年つちかってきた技術力を機能的に組合せ、お客様に対し積極的な提案を行っています。

先輩社員の声

エンジニアリング本部 エンジニアリング部 技術第一グループ 

オンリーワンの技術を発掘して製品をつくる

 メーカーである日本車両において、私の所属するエンジニアリング本部は唯一“製造部門”を持っていません。コンセプトや仕様策定、設計開発など技術のコアとなる部分は私たちがグリップし、ものづくりに必要な技術や設備は協力会社のリソースを有効に組み合わせて調達しています。

その中で私は技術第一グループに所属しています。具体的な業務は幅広く、顧客への提案から設計、製作管理、施工管理、アフターサービスまで、ものづくりに必要なすべての業務に一貫して携わっています。一般的にモノづくりというと、設計・製造・検査・工事などの専任担当者が“縦割り”で担当しますが、エンジニアリング部では1人が1つの製品を担当しています。そのため、完成時には「この製品は自分がつくったんだ」というダイレクトな手応えを得ることができます。

 実際に製品を使用する作業現場のユーザーに、製品に対する様々なニーズについてヒアリングし、そのニーズに応えるための技術や技能を持つベンダー(協力会社)を探します。やっと見つけた町工場が、どこにも真似のできない最先端にしてオンリーワンの技術を持っていることも珍しくありません。そんな町工場で働く職人の力を活かして、提案段階から自身のアイデアを盛り込み製品をつくりあげていく過程は、このうえなくエキサイティングなものです。

 

出向で、ユーザーの立場を体験する

 私が担当しているのは、鉄道車両の定期的な検査・修繕作業に用いられる車両検修設備です。鉄道車両は鉄道事業者によってすべて仕様が異なるので、検修設備もおのずと一品一様になります。設計の際は鉄道会社の技術部門だけでなく、検修作業の現場で働く作業員の皆さんに意見を聞かなくてはなりません。私たち開発する側は得てして最先端の技術に挑戦したくなるものですが、実際に検修設備を使う作業員は、いかに使いやすいか、故障しにくいか、といったシンプルさを求めるものです。そのあたりのギャップを理解するためにも、現場の声には常に耳を傾けなくてはなりません。

 私は過去に2年間、鉄道事業者に出向して、当社が納めた製品を運用する部門で働くことができました。自社製品をユーザーの立場で使用することができ、この時の貴重な経験はモノづくりに携わる技術者として視野を大きく広げることにつながりました。

 ユーザーの厳しい要求に耳を傾け、苦労して見つけたベンダーの専門技術を活用し、ユーザーの期待を超えるモノづくりができたとき、この仕事「エンジニアリング」ならではの達成感が得られます。

 

鉄道の安全・安定を支える誇り

私たちが手がける製品は、鉄道車両の運行に直結する重要な設備です。一般のお客さまに触れることは多くありませんが、社会のインフラである鉄道の安全・安定輸送を陰から支える製品です。仕事を通じて世の中に貢献することで、今まで自分を育ててくれた地元社会に恩返しをしたいと考えている私にとって、この仕事は本当にやりがいのあるものです。社会の人々がハッピーな毎日を送ることに貢献できるなら、こんなに幸せなことはありません。

 もちろん一品一様のものづくりということは、常にお手本のないところでチャレンジしなくてはならないという厳しさと隣り合わせです。失敗に失敗を重ね、それでも決してあきらめないタフさ、執念は絶対に必要でしょう。社会のために、そんな厳しさを乗り越えて挑戦を続けていきたいという熱い志をお持ちの方と、ぜひ一緒に仕事をしたいと思います。

 

エンジニアリング本部 エンジニアリング部 技術第一グループ

2012年入社 工学研究科マテリアル理工学専攻修了

働くことを通じていかに社会に恩返しできるかという職業観で企業選びをし、地元・愛知県を拠点に、公共性の高いインフラ製品を主要製品としている日本車両を選んだ。最終的な決め手は、採用担当者の言葉に、最も自分を必要としてくれている企業だと感じたことだった。

● Personal Life はこちらへ


次の先輩社員の声 >

エンジニアリング本部




日本車輌製造株式会社 オフィシャルサイトへ