採用情報総合職【技術系】>新入社員の声>工学研究科マテリアル化学専攻

先輩とのちょうどいい距離感が心強い

エンジニアリング本部

エンジニアリング本部は日本車両の製造部門を持たない事業を統合し効率的な運用を図るために設立された部門です。各部門が長年つちかってきた技術力を機能的に組合せ、お客様に対し積極的な提案を行っています。

新入社員とエルダーブラザー

エンジニアリング本部 エンジニアリング部 技術第二グループ 

先輩は何でも質問できる存在

堂城:就職活動で当社の説明会に参加したとき、雰囲気のよさがとても印象的でした。特にエンジニアリング部の先輩たちのお話はとても魅力的で、一人一人から情熱や活気を感じました。

佐野:エンジニアリング部は、まだ新しい組織で、部長・課長クラスにまとまりがあり、そのリーダーシップのもと、若手もベテランもみんなで一緒に組織を盛り上げていこうというムードがあるんだよ。僕もこの熱い雰囲気は大好きだ。

堂城:熱いのは、佐野さんも一緒ですよ。初対面の時、なんて暑苦しい…、じゃなくて熱い先輩だろうと感じました。話し方にも勢いがあって、この人がエルダーになってくれてよかったと思いました。

佐野:そう言ってくれると嬉しいよ。実は、自分がエルダーをやるように言われた時、まず思ったのが“新人を指導するのはちょっと早いのでは”ということだった。まだ自分のことだけで精一杯だったからね。でも、きっと自分にとっても成長の機会になると考えて、チャレンジすることに決めたんだ。

堂城:そうでしたか。先輩も僕もチャレンジなんですね。

佐野:堂城君に対する第一印象は、おとなしそうなヤツだなあ、というものだった。でも、配属早々に参加してくれた強化合宿(ソフトボールの後、泊まり込みの宴会)では、実際は思ったほど大人しくなかったけど(笑)。

堂城:そりゃあ、最初は緊張していましたけど、あの楽しかった強化合宿で、緊張感が解けて一気に打ち解けましたからね(笑)。

佐野:堂城君のいいところは、人の意見を真摯に受け止められるところだね。謙虚だし、何ごとも素直に吸収しようとする姿勢は大事だと思う。

堂城:ありがとうございます。

佐野:僕もそうだったけれど、新人の頃ってわからないことだらけだよね。質問したくても誰に聞いたらいいかも、わからなくて。だから、どんなことでもいいから、遠慮せずに聞いてほしいよ。

堂城:そうですね。一日も早く成長するためには、積極的に質問する姿勢が必要ですね、

佐野:特にエンジニアリング部は若手が多い部だから、これからのことを考えると新人には早く成長してもらいたいんだ。僕が1年目に経験した以上のことを身につけて、僕以上の速度で成長してもらいたいと思っているよ。  

寮生活ならではのコミュニケーションも

堂城:佐野さんとは机を並べていますが、担当している仕事は微妙に違うんですよね。

 佐野:今はそうなんだけど、将来は一緒に担当することもあるよ。今は、直接仕事を見ながら教えるというよりは、困ったことがあればいつでも相談してもらうという感じだね。

堂城:佐野さんに相談すると、時々冗談を伴いますが、的確なアドバイスが返ってくるので、楽しいし嬉しいです。(笑)

佐野:堂城君が担当しているのは、僕のエルダーだった先輩が担当していた仕事で非常に重要な仕事を任されているね。僕も、できる限りアドバイスしているよ。

堂城:自分にわからないことがあったとしても、佐野さんは必ず誰か答えを知っている人を紹介してくれますよね。解決に導いてくれる、頼りになる先輩です。

佐野:そのあたりは、ちょうどいい距離感だよね。僕もやりやすいよ。

堂城:でも、考えてみればむしろ仕事以外のコミュニケーションの方が多いかもしれませんね。

佐野:確かに、同じ寮に住んでいるからね。

堂城:寮の食堂で一緒に食事したり、時々寮の近くへ飲みに行ったり、休日には佐野さんの車に乗せてもらってゴルフの練習に行ったり。

佐野:冬になったらスノボにも行こうか。

堂城:是非お願いします。僕は愛知県で暮らすのが初めてなので、先輩と寮が一緒というのは本当に助かっています。どんなことでも質問できますから。

佐野:最初から“この先輩に相談すればいい”と決まっているのがエルダーブラザー制度。だから安心感があるんだろうね。

専門性を磨き、経営に携わりたい

佐野:エルダーを引き受ける前は不安だったけれど、今はやってみてよかったと思ってる。質問に答えることで自分の中でも改めて知識を整理できるし、やはり人を教えるのは、自分を成長させることにつながるんだね。

堂城:それがエンジ部でよく聞く“切磋琢磨”とか“スパイラル・アップ”とかいうものですか?

佐野:そうなんだよ。教える・育てるというより、一緒に競い、学び、一緒に育とうという理想的な関係を作っていくことが大事なんだよ。

堂城:エルダーブラザー制度の期間が終わっても、そんな理想的な関係が続けられたらいいですね。

佐野:きっと自然な感じで続いていくんじゃないかな。そして、いつか堂城君に「佐野さん、それ間違ってますよ」ってダメ出しされるようになったら、こんなに嬉しいことはないよ。もちろん僕も負けないように頑張るけれど。

堂城:その意味でもエンジ部では担当できる仕事の幅が広いというのは、いいですよね。

先輩にはない得意な分野を身につけることができるわけですから。早く佐野さんに「こんな考えもありますよ」って、生意気なことを言えるようになりたいと思います。

佐野:期待しているよ!

堂城:それにしても新人研修が2ヵ月もあって、さらにその後にエルダーブラザー制度が用意されていて、人材育成の面で環境は整っていますね。学生時代の友人にはうらやましがられます。

 佐野:そんなふうに人を大切に育てる風土が、組織の風通しのよさや、会社の雰囲気にもつながっているんだろうね。 ただし、そんな環境でどのような人間、技術者に育っていくのかは、自分次第だぞ!一緒にがんばろうな!!


エンジニアリング本部 エンジニアリング部 技術第二グループ


2014年入社 工学研究科 マテリアル化学専攻修了

 超電導リニアという新しいシステムを生み出す仕事にやりがいを感じて入社。社風のよさも決め手の一つとなった。

 2011年入社 理工学研究科 機械工学専攻修了
 同じ研究室の先輩が日本車両に勤めていたことがきっかけで興味を持つ。リニアに関連する業務に携わりたいと考えて入社を決める

● Personal Life はこちらへ


次の新入社員の声 >

エンジニアリング本部