成長への意欲は、先輩をも刺激する。

情報システム部

本社部門で経営や事業のIT化を推進し、社内のIT全般の管理を行っている組織です。全社の業務の流れを見直し、部分最適から全体最適の観点でIT化によって業務を再構築することに取り組んでいます。

新入社員とエルダーブラザー

情報システム部 豊川システムセンター 

後輩を育成することが、先輩にとってのチャレンジ

佐々木:偶然だけど、高橋さんと僕は同じ学校、同じ学科の出身なんだよね。

高橋:はい。もちろん学生時代は入れ違いでしたので知らなかったですが、OBの方だとわかったときは嬉しかったです。

佐々木:そのせいかどうかわからないけれど、お互いに入社動機も似ているね。

高橋:そうですね。私も地元のメーカーということで日本車両を選びました。

佐々木:情報工学科だから卒業後はソフト関係に進む人が多かったけれど、僕はやっぱりモノがちゃんと動くということが好きだったから、ITを開発するより、ITを活用する道がよかった。

高橋:私は電車も好きでした。

佐々木:そうか。今だから言うけれど、実は僕は特に電車が好きというわけじゃなくてね…

高橋:いろんな人がいていいんじゃないですか?(笑)

佐々木:もう一つ、今だから言うけれど、高橋さんのエルダーブラザーになるって決まったとき、女性の新人ということで、戸惑いはとても大きかったんだよ。

高橋:あ、そうだったんですか。

佐々木:日本車両全体でも、総合職【技術系】採用の女性は高橋さんが第一号だったからね。どう指導したらいいか、先輩に相談しても誰も経験がなくて、みんなで“どうしようか”って(笑)。

高橋:でも、特にそんなにぎくしゃくした雰囲気は感じなかったですよ。佐々木さんも、優しくて頼りがいのある先輩という第一印象でした。ホッとしたのを覚えています。

佐々木:ありがとう。僕は高橋さんに初めて会ったときは、とにかく元気でハキハキした新人という印象だったね。それにどこかで芯の強さも感じられて、この新人ならちゃんと成長できるはずと思ったよ。

高橋:ありがとうございます。他部署の先輩方もよく声をかけてくれるし、皆さん、温かく迎えてくださったんだなと実感しています。  

指導にマニュアルはない

佐々木:仕事についてはどう?

高橋:今はまだプログラミングの基礎などを学んでいるところで、知識を身につけるのに精一杯です。

佐々木:高橋さんは飲み込みが早いよね。プログラミングの作業も、早くて正確だし。それに自分から学ぼうという向上心がすごく強い。

高橋:ありがとうございます。わからないことがあっても、先輩に質問する前にまず自分で考えることにしているんです。その結果、間違えたとしても、絶対に自分のプラスになるはずですから。

佐々木:その通りだね。エルダーブラザーの指導方法にマニュアルはなくて、自分なりに考えながら指導しなくちゃならないから、高橋さんのように前向きな新人だと、こっちも頑張らなきゃという気になるよ。

高橋:教えるほうも大変なんですね(笑)。

佐々木:実はそうなんだよ。育てる責任があるからね。時々“なんでこれがわからないの?”って言いたくなることもあるけど(笑)、自分が新人の頃を思い出して、焦らないにしようと気をつけてるよ。

高橋:そうだったんですか。佐々木さんは優しいし、そんなキツいことは絶対に言わないですものね。

佐々木:まあ、部内でも馴れ馴れしいヤツって言われてるけど(笑)。

高橋:新入社員は誰でもそうだと思うんですが、配属直後は誰を頼っていいかわからなくて不安なんです。だから配属直後から気軽に質問できるエルダーブラザーの存在は、とてもありがたいです。

佐々木:僕も高橋さんの指導を通じて、組織において人を育てることの大切さを学んだよ。今まで後輩に対して特に育成という意識を持たなかったことも反省しているし。このエルダー制度って、新人はもちろんのこと、指導する側のエルダーブラザーも成長させてくれるんだよね。

大切なのはコミュニケーション

高橋:私たち情報システム部のエンジニアは、直接モノづくりをすることはなくても、現場の業務をITで支える仕事を担当しているんですよね。

佐々木:その通り。僕は鉄道車両を生産する現場で使う生産管理システムの開発から保守・運用まで一通り担当している。車両製造においてこのシステムは不可欠の存在だから、我々の責任は重いよ。

高橋:はい。

佐々木:業務システム開発では、ユーザの業務を理解し、ユーザがシステムに求めるものを知らなければ、良いシステムは作れない。      

高橋:ということは、ITの知識だけじゃなくて、ユーザー側の業務知識も必要ということですね。

佐々木:だから生産現場の業務に精通していることが求められるんだよ。それにはコミュニケーション力がすごく大事になってくる。今後は高橋さんにも、生産現場の人たちとコミュニケーションを取り、システムの仕様を決めていく作業を担当してもらいたいと思っているよ。

高橋:はい。今はまだ自信ありませんが、頑張ります。

佐々木:先ほども言ったように高橋さんの向上心はすごいし、“報・連・相”もしっかりとできているから、大丈夫。すぐに一人前になって活躍できるよ。

高橋:ありがとうございます。一日も早く戦力となって会社に貢献したいと思います。

 

情報システム部 豊川システムセンター
2013年入社 情報工学科卒

モノづくりが大好きで、メーカーを志望。部品ではなく、実際に人が使う最終製品をつくる会社がいいと考え、日本車両に入社を決めた。

2009年入社 情報工学科卒

地元で活躍するメーカーへの就職を希望していた。その中でも社会に役立つインフラ製品を手がけていることから、日本車両に入社する。

● Personal Life はこちらへ


次の新入社員の声 >

情報システム部の社員の声

2010年度入社 工学研究科 情報工学専攻修了