金属系の仕事

 

 当社の製品は、鉄、アルミ、ステンレスなど金属によって基本構造を形成しています。その製造過程は“溶接”抜きで語ることは出来ません。特に鉄道車両の分野においては、アルミや、ステンレスの“溶接技術”において積極的な取り組みがなされています。また、例えば曲げ加工についても、自動車のように立派な金型を作ってプレスすると言うわけには単純にはいきません。鉄道車両をはじめとする当社製品は多品種少量生産の代表選手のようなもので、単純に金型を作るという発想では、コスト的に見合わなくなります。材料特性など金属系の知識を活用して加工技術の基礎研究を行っています。

 また、製造、品質保証の分野でも金属加工が中心となる、構体(=ボディ)部分の製造や溶接部分の検査を中心とした業務に就くことで、その知識を如何なく発揮してもらっています。また材料力学などを勉強していることから、ボディの部分を中心とした設計の業務も担ってもらっています。当社では機械系と金属系とで相互補完しておりますので、機械系の部分も参考にしてください。

 



日本車輌製造株式会社 オフィシャルサイトへ