日本車輌製造株式会社英語版サイトマップお問合せ
 

トピックス 事業・製品 投資家情報 社会・環境 会社概要 採用情報
update contents
2002.09.11 日本車両と北越工業が発電機事業分野にて業務提携
「当社 松田 和久社長」  「北越工業梶@佐藤 美武社長」
「当社 松田 和久社長」  「北越工業梶@佐藤 美武社長」

【概 要】

日本車輌製造株式会社と北越工業株式会社はエンジン発電機事業の開発・生産において相互協力関係を構築することに基本合意し、9月10日業務提携契約を締結いたしました。

両社は予てより、縮小が続く国内建機市場に危機感を強めておりましたが、この度、エンジン発電機の分野において、アライアンスを推進することで相互の利益に貢献することができると判断いたしました。

対象機種は主に建設現場で使用されるエンジン発電機で、両社が得意とするレンジの製品の開発・生産をそれぞれが担当をして相互に供給いたします。提携により、品質、コスト、開発スピードの面で大きな効果を期待しております。加えて建機分野以外の市場においても、また発電機以外の製品においても相互に協力関係が構築できると経営判断し契約に至りました。

○ 業務提携の骨子

両社が各々保有している固有技術並びに企業特色を生かしながら、互いに得意な分野を担当し、エンジン発電機の相互供給を行なうことにより両社の繁栄を図る。

  1. ・新技術の開発や市場の情報を相互が吸収し共有する事で、顧客ニーズに合致した新商品をタイムリーに開発し供給いたします。
  2. ・開発、生産をそれぞれの得意分野に集中する事により、開発期間の短縮並びに開発・生産コストの低減と品質の向上を図ります。
    尚、今後必要な開発項目は排ガス規制対応、超低騒音化、省エネルギー対応等であります。
  3. ・当面は、それぞれが得意としている機種、すなわち日本車輌製造(株)からは大型発電機、非常用・常用発電機を、北越工業(株)からは小型発電機を、相互供給していきます。

今後両社は、当期中にも具体的効果を出すべく共同作業を開始し、供給する具体的な機種やレンジ、担当区分を決めていきます。

機電本部
日本車両製造株式会社