新着情報 人気ランキング ショッピング スタッフブログ 鉄道お宝写真館 日車夢工房とは ホーム
2015年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

メールはこちらへ

facebookはじめました。

イベント情報はこちらへ


鉄道エッセイ

武豊線悲願の電化開業
ヨルダンで!日車製SL
N700A一番列車乗車記
九州旅行顛末記


スタッフブログ

10/30 ジャボ〜〜〜ン
10/23 ふくろう?!
10/13 ハッピートレインフェア
10/9 くるくる
10/1 模型レイアウトへの近道


・2015年8-9月

9/25 同時出発。。。
9/18 開かずの踏切
9/4 東武鉄道1800系 
8/28 蒸気機関車に魅せられて
8/21 そよ風さんどこへ行く

 

・2015年7月

7/31 浜工御礼
7/17 ☆新製品でわくわく☆
7/10 新幹線なるほど発見デー
7/2 リニア・鉄道館2

 

・2015年6月

6/26 レトロな感じ
6/19 ダブルマルタイ
6/12 かわいい荷台がカメさんに
6/4 マルタイ君 Vol.2

 

・2015年5月

5/29 ようこそマルタイ君
5/23 トレインフェスタ御礼
5/11 かわいい荷台
5/1 丸栄 鉄道模型展

 

・2015年4月

4/24 ドクター東海
4/17 踏切名
4/10 * さくら100選 *
4/8 若桜鉄道C12/DD16走る!
4/3 鉄道フェスティバル2015

 

・2015年3月

3/27 花粉の季節ですが
3/25 新線建設 続報
3/20 祝:北陸新幹線開業!
3/11 春の雪
3/6 Bトレに初挑戦
3/4 会社の前で新線建設??

 

・2015年2月

2/27 あと1日でキハとお別れ
2/20 横浜の定番礼
2/16 ヨコハマフェスタ御礼

 

・2015年1月

1/30 匠の技
1/23  「海月姫」見てきました!
1/16  青蔵鉄道
1/9  * 雪化粧 *

 

・2014年12月

12/24 海月姫に夢工房グッズ
12/22 結果報告
12/12 夢工房へようこそ
12/05 かぎろひ

 

・2014年11月

11/18 コラボレーション
11/14 シラサギ
11/14 干し柿
11/10 作りかけの模型SL

 

・2014年10月

10/31 鉄道写真展
10/17 パノ引退から早5年
10/10 広島訪問記(2)
10/1 祝新幹線開業50周年

 

・2014年09月

9/24 基地まつり来場御礼
9/15 秋のはじまり
9/08 広島訪問記(1)

 

・2014年08月

・2014年06-07月

・2014年05月

・2014年04月

・2014年03月

・2014年02月
・2014年01月
・2013年12月
・2013年11月
・2013年10月
・2013年9月


 

2013年10月25日(金)

日比谷公園 鉄道キャラクターショウ?      (記:リーダー)

 

さて、日比谷公園 鉄道フェスティバルですが、今回、鉄道のキャラクターも大集合しました。 

最初、SUICAペンギンが登場、さっそく人が喜んで寄ってきます。

 

そしたら、続々出て来て、ずらっと並びました。

TX は つくばエキスプレスさんですね。 まだ北千住−秋葉原しか乗ってません(汗)  

 

パンダは京成電鉄さんですね。駅のポスターとか車内広告で知ってます。あとは・・・知りません、ゴメンナサイ。

 

左は、JR東海さん「さわやかウォーキング」キャラクター、あゆむ君です。初めて見ましたが、可愛いですね。

真ん中は、名古屋の方ならおなじみ、ハッチー君です。この姿で新幹線に乗ってきたのかな?(笑)

右は、わたらせ渓谷鐵道のわっしー君だそうです。  

 

可愛い系は女性に人気ですが、お子さんに一番の人気は・・・

 

 

カンセンジャー 参上!!

 

説明不要と思いますが・・・

念の為JR西日本さんの500系のキャラクターですね。

JR西日本さんのブースでは、記念写真を撮るのに長蛇の列が。

 

 ゆるキャラではないです。

かっこエエです。  

 

2013年10月25日(金)

日比谷公園 鉄道フェスティバル御礼      (記:リーダー)

 

仙台の後、10月13日、日比谷公園のイベントに合流しました。

昨年の明治公園から、元の日比谷に変わり、場所のせいか、鉄道マニア以外の方の来場も多く賑わいました。

オープン前です。物販コーナーはカンカン照り。12日土曜日は暑くて大変だったようです。

 

何と日比谷の森ではアブラゼミが鳴いていました。10月の蝉はヒグラシ、ツクツクホウシは経験がありますが10月のアブラゼミは50数年生きてきて初めて・・・

始まると沢山のお客様が来て下さいました。

 

  

制服を着て記念写真です。 将来は運転士かな?

 

素敵な景品も当たる、ジャンケン大会もありました。 小さなお子様限定です。

来年も、グッズを充実させたいと思いますので、また来て下さいね!

 

 

2013年10月18日(金)

仙台への行き帰りの楽しみ      (記:リーダー)

 

仙台の新幹線車両基地イベントに出店したのですが、行き(11日)に東京駅で見た光景です。

そう!E5系とE6系の連結ショット!

 

大人からチビッコまで、写真を撮っています。

 

感動ものです。  

 

この列車に乗ってみようと窓口で聞いたら、流石に満席でした。

 

 

仙台会場での準備完了後、スタミナを付けるために、夕食は「牛タン定食」です。

駅の近くの「牛たん かんの」というお店です。 麦飯とテールスープのセットです。

私は一人の時は食にお金をかけないのですが、牛タンは食べます。  

 

イベント終了後、仙台から東京への移動は、「やまびこ218号」に乗りました。

ホームのアナウンス「列車は10両編成・・・グランクラスは・・・」

あ、E5系なんだ!  

仙台駅ホームにすべりこみます。

 

本当に、乗り込みます。 乗車の流れを止めないように撮るのはテクニックが要ります。

 

イベントで疲れた体を癒してくれるのは、定番、「牛たん弁当」です。

去年のNREさんとは別の、こばやしさんの弁当です。やはり、生石灰の発熱で温めます。

今年も美味しく頂きました。  

 

 

2013年10月18日(金)

仙台・新幹線総合車両センターイベント御礼      (記:リーダー)

 

10月12日、恒例の仙台の新幹線車両基地イベントに出店しました。

 

今年は、昨年と場所が変わり、食堂棟の南側に、他のショップと並んでテントを構えました。

終日たくさんの人だかり・・・ありがとうございました。

 

東北大学の学生さん達も大活躍です。 こちらもありがとうございました。

しかし、皆自分の息子と同年代なんだね(笑)

 

人気だったのは、ブランケットハーフ で、青、白とも完売しました。準備の前日11日までは、「え?これが東北?」といった感じの暑さでしたが12日は涼しくなり、これからブランケットの季節になります。

 

行き帰りの楽しみは、次回報告します。  

 


ブランケット、ふっわふわの肌触りです。 N700系をデザインしています。これからの季節、膝掛けに最適です!!

 

2013年10月11日(金)

貨物鉄道博物館10周年のご報告      (記:Mr.銀河)

 

前回お知らせした、「貨物鉄道博物館」の10周年記念式典に参加しました。 “名ばかり理事”の私でしたが、今回、式典の司会進行役という大役を仰せつかりまして、何とかお仕事はできました。

 


開館1時間半前 手慣れたスタッフが、アントを操縦して、貨車を移動します。

後ろに日車製大物車シキ160の姿も。  

 

オープンしたら、家族連れ、鉄道ファンの方で、けっこう混み合いました。

建物は、昔の貨物ホームと上屋(うわや)を利用しています。  

 

今回の目玉です。 美しく復元された、 “有蓋緩急車”、西濃鉄道ワフ21000形です。

もとは鉄道省(国鉄)のワフ21000形でしたが、払い下げられた物です。  

 

昭和9年の製造ですが、それまでの有蓋緩急車と言えば、木造有蓋車の車端に扉と申し訳程度の窓を設けただけの、まるで厠(かわや)のような車掌室(緩急室)のワフばかりだったのが、鋼製で広い車掌室と、待遇が一気に改善された車で、その後の近代有蓋緩急車の原形となった車です。日車製の仲間もありますよ。 

 

屋根は腐食し、室内も荒廃していたのですが、スタッフ、協力者の大変な尽力により、現役当時の美しい姿に復元されました。室内のクリーム色は国鉄の“塗色規程”通り。中央のダルマストーブ、青い座席モケットが嬉しくなってしまいます。 この復元技術は驚愕ものです。

 

同じくお披露目された、有蓋車です。蒲原鉄道 ワ11形、ワ11です。

 

 前回写真をお目に掛けた明治の国鉄ワ1形と異なり、昭和に入ってからの10t積み有蓋車で、車体は木造ですが、鋼板の扉に、台枠も時代に合ったものに進化しています。

 

写真は新潟鉄工所製ですが、日車でも多数の同類を製造し各地の私鉄に納めています。いわば昭和初期の標準タイプであったわけです。戦争中国鉄に買収された私鉄に所属していた仲間は、国鉄ワ1形に編入されたものもいます。  

 

何とSLもいます。

英国シャープ・ステュウアト製、日本鉄道(現在の東北、常磐、山手線等)→国鉄5650形式→東武鉄道39号です。昭和30年まで国鉄で活躍し、青梅鉄道公園にも保存されている英国ベイヤー・ピーコック製、国鉄5500形式の、メーカー違いの同系車です。空気ブレーキを増設し、東武鉄道で貨物列車牽引に活躍しました。

 これも重要な明治の遺産です。  

 

この博物館の良いところは、直ぐ横の線路を、電車やセメント貨物列車が通ることです。 10周年を記念して、機関車にヘッドマークが掲げられました。

 

電車には、ヘッドマークコンテストの優秀作が掲げられました。 いかにも楽しいヘッドマークですね!!

 

夕方用事のため午後2時で帰らなければなりませんでしたが、貨車達が歴史を語りかけてくるようで、立ち去り難かったです。

 

藤原岳も見え、周囲の畑には蕎麦の花も満開で、心が洗われる良い場所です。

 

展示館の開館は第一日曜日ですが、車両はいつでも見学可能です。皆様、是非お越し下さいね!また、当館はボランティアと寄付金で運営しています。ご協力をよろしくお願いします。

 

 「貨物鉄道博物館」http://frm.kans.jp/  
(三重県いなべ市、三岐鉄道丹生川駅前)  

 

 

 

2013年10月3日(木)

貨物鉄道博物館10周年      (記:Mr.銀河)

 

三重県いなべ市、三岐鉄道丹生川駅前にある「貨物鉄道博物館」が、2003年9月15日のオープン以来、このたび10周年を迎えました。 「貨物鉄道博物館」 http://frm.kans.jp/

 

私は博物館の理事なのですが、ここのところ全然現地に行っていません。

“名ばかり理事”が続いています。ごめんなさい。

一方で、現地あるいは遠方からのボランティアスタッフの献身努力により、貨車の修復作業が進んでいます。


鉄道省(国鉄) 形式ワ1 ワ5490号です。

明治時代に輸入または国産で製造された種々雑多な7〜10t積み有蓋車を、大正時代、増噸改造により10t積みワ50000形、57000形に統合し、昭和3年の称号改訂でワ1形となった車です。 

 

木部も脱落し傷んでいたのですが、D51や9600に牽かれて活躍したであろう戦前の姿に復元されました。台枠には英国製の鋼材(原形部)と、八幡製鉄所の鋼材(改造部)が使われており、改造の痕跡=貨車発達の歴史を自らに刻んでいます。

 

実は学生時代、私鉄へ払い下げられた旧国鉄ワ1形を求めて私鉄を訪ね歩いた事があり、北海道(車体のみ)、新潟、上田、近江、鹿児島で、数タイプの現車に接することが出来ました。なので、このワ1形の復元は一番感激でした。

 

他にも、国立科学博物館「重要科学技術史資料」(未来技術遺産)登録」車輌ふくめ、貴重な産業遺産級の貨車が揃っています。日車製の貨車も3両、シキ160形大物車、タム500形ガソリンタンク車、名鉄ト200形無蓋車も収蔵されています。

 

さて10月6日(日)は10周年後初めての開館日で、10周年行事も行われます。私も久しぶりにお手伝いに行くことにしています。

 

皆様、是非お越し下さいね!(10周年の模様はこのブログでレポートします)  

 



新着情報 人気ランキング ショッピング スタッフブログ 鉄道お宝写真館 日車夢工房とは ホーム

Copyright(C)   YUMEKOBO / NIPPON SHARYO, LTD

日本車輌製造株式会社 日車夢工房  yumekobo@n-sharyo.co.jp     個人情報保護について     日本車輌製造株式会社

 

「しょっ鉄」は日本車輌製造株式会社の登録商標です。 「メロック」は日本車輌製造株式会社の登録商標です。
「くるっぴー」は株式会社丸彰の登録商標です。 「Bトレインショーティー(R)」は株式会社バンダイの登録商標です。
(C)TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。 (C)TOMY 「チョロQ」は株式会社タカラトミーの登録商標です。
 「Dr.グリップ」は 株式会社パイロットコーポレーションの登録商標です。「ハシ鉄」は(株)ダイワトーイの登録商標です。