新着情報 人気ランキング ショッピング スタッフブログ 鉄道お宝写真館 日車夢工房とは ホーム
鉄道知識のツボ
【ブルートレイン特集】
ブルトレ国鉄20系客車一覧

鉄道知識の壺

T.はじめに
鉄道とは
鉄道のはじまり
鉄道の種類
車両の種類
車両を表す記号
 1.電車

   -新性能電車
   -直流旧性能電車
   -社形電車
 2.客車
  -改定の歴史
・車両の等級
・機関車の発達
・電車の発達
・気動車の発達
・客車の発達
・貨車の発達
・事業用車両について
・新幹線車両
・列車の種類
・日本の名列車
・列車のスピード
線路の仕組み軌間
・鉄橋
・トンネル
・駅
・電気設備
・信号
・車両基地
・列車の運行管理と安全
・切符の種類
・列車ダイヤ
・乗る
・撮る
・模型
・集める
・旅行
・研究


Yahoo!ニュース〜鉄道業界〜

鉄道ファン〜鉄道ニュース〜


yumekobo@n-sharyo.co.jp
 

模擬試験やってみました
ブルトレ国鉄20系客車一覧

U:車両のしくみと進化

 

車両を表す記号

2.客車を表す記号 客車形式 改正の歴史

昭和3年(1928年)制定の客車形式

鋼製客車は昭和3年にも大きな形式称号の改訂がありました。
スハフ  34834
記号 形式番号+車両番号

形式 34720  記号及び番号  スハフ34834 (115号車)

重量記号・用途記号 昭和16年規程と同じ 
   
形式・番号 1〜6999 雑形木造2軸ボギー車
7000〜
9999
雑形木造3軸ボギー車
  ※鉄道国有化以前の官設鉄道、各私鉄で製造した車両。国有化以降でも標準設計でない車両はこの番台に編入されている。暖房車、蒸気動車も雑形に含められた。
10000〜16999 中型木造2軸ボギー車
17000〜19999 中型木造3軸ボギー車  
  ※鉄道国有化後、鉄道院で定めた仕様に則って製造され、従来「基本型客車」と称した客車
20000〜26999 大型木造2軸ボギー車
27000〜29999 大型木造3軸ボギー車
  ※大正8年以降、車両限界拡大により車体幅2,800mmで製造された大型客車
30000〜36999 鋼製2軸ボギー車
37000〜39999 鋼製3軸ボギー車
40000〜49999 鋼製2軸ボギー車(S9年追加。実際には気動車に与えられた)
<鋼製2軸ボギー客車の例>  
   

(佐久間レールパーク)
 <昭和3年表記の例>

形式 34720  記号及び番号  スハフ34834 (115号車)

昭和16年改正により
形式オハフ33 番号オハフ33 115 に改番
  <昭和16年改正の例>

形式オハ35 番号オハ35206

形式33650  記号及び番号スハ33855 より改番   
     
形式の定め方
上記の各々の番号区分帯の中では、さらに序列に従って区分を意識する。

<例> 
鋼製2軸ボギー車の場合   

三等寝台:30000〜/一二等:30550〜/二等:30600〜/二等緩急:31200〜/二三等:31300〜/二三等緩急:31700〜/三等:32000〜/三等緩急:34000〜/三等郵便:35300〜/三等荷物:35500〜/郵便:36000〜/郵便荷物:36200〜/荷物:36500〜

同じタイプの車を一続きの番号帯に設定し、前に製造された別タイプの番号帯とは、増備によっても干渉しない適当な余裕を設ける。その番号の先頭の番号数字をもって「形式」とする。 【形式を決め、次いで番号を決めるという順序では無い事に注意】

<例>
一等展望車の番号を、その前に製造された別タイプの番号スイテ37010、37011 (37010形)から増備の余裕を持って、スイテ37020,37021とし、頭の37020を形式とする(記号スイテは形式に含まない)
2軸車の形式・番号  
2軸車の形式・番号については、昭和3年、16年の改訂でも明治44年規程のまま、原則存置された。(用途記号は昭和3年改訂に従って変更) 形式は一位が0だけではなく中途半端な数字も用いられている。 
<例> 形式2343、 形式4402  

<二軸客車の形式・番号の例>
 
(JR四国 多度津工場)
形式400 記号及び番号ロ481 (二等車 )

2軸客車では珍しい“キリ番”形式

(加悦SLひろば)
形式4975 記号及び番号ハ4995 (三等車)

私鉄への払下車だが、番号が鉄道省時代のまま
 

昭和16年(1941年)11月規程改正

番号のみの形式では行き詰まりが見えてきたため、昭和16年11月、鋼製客車に関して形式番号と製造番号を分離する規程に改正され、全車に改番が行われた。
 

昭和24年(1949年)規程改正

鋼製の暖房車だけ従来の6000番台(雑形ボギー車)から、鋼製客車としての形式番号を与えられた。
  例:形式6800 → 形式ホヌ30
 

昭和28年(1953年)規程改正

昭和28規程改正で、2軸車、木造車、雑形車は下記の番号区分に変更された。
形式・番号 1〜999 2軸車
1000〜7999 雑形2軸ボギー車
8000〜9999 雑形3軸ボギー車
10000〜17999 中型木造2軸ボギー車
18000〜19999 中型木造3軸ボギー車
20000〜27999 大型木造2軸ボギー車
28000〜29999 大型木造3軸ボギー車  
 

 

 



新着情報 人気ランキング ショッピング スタッフブログ 鉄道お宝写真館 日車夢工房とは ホーム

Copyright(C)   YUMEKOBO / NIPPON SHARYO, LTD

日本車輌製造株式会社 日車夢工房  yumekobo@n-sharyo.co.jp     個人情報保護について     日本車輌製造株式会社

 

「しょっ鉄」は日本車輌製造株式会社の登録商標です。 「メロック」は日本車輌製造株式会社の登録商標です。
「くるっぴー」は株式会社丸彰の登録商標です。 「Bトレインショーティー(R)」は株式会社バンダイの登録商標です。
(C)TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。 (C)TOMY 「チョロQ」は株式会社タカラトミーの登録商標です。
 「Dr.グリップ」は 株式会社パイロットコーポレーションの登録商標です。「ハシ鉄」は(株)ダイワトーイの登録商標です。