> ホーム > 製品 >発電機 >可搬式ディーゼル発電機

 
可搬式ディーゼル発電機

一般停電用非常用発電機

停電検知40秒後に自動で電力供給 並列運転で大容量負荷にも対応

一般非常用発電機は、停電時の設備等の運用維持などのため、自動始動装置や電源切替盤などをNESシリーズ発電機に装備したシンプルな構成の非常用発電機です。消防法の防災負荷には使用できませんが、一般負荷の非常時の設備維持に様々なシーンで活用されています。

可搬形発電装置は移動用仮設電源であることから法規制上種々の特例が認められています。

可搬形発電装置を常時固定設置して非常用電源として使用する場合はこの特例が認められず、各種法規制や取扱い上の留意事項がありますので、下記の点に注意してください。

注1:非常用の用途であっても、あくまで移動用仮設電源の扱いであれば、法的には可搬形発電装置と同じ取扱いとなります。ただし、発電装置をアンカーボルトで固定したり、外部燃料タンクと固定配管で接続すると可搬形とは認められませんので留意ください。
注2:防災負荷の非常用電源には適用できません。

1.排ガス規制

大気汚染防止法により燃料消費量がA重油換算で50g/h以上のディーゼルエンジン(NES300以上)は、ばい煙発生施設として規制を受けます。非常用の場合は排出基準の適用が当面猶予されていますが、ばい煙に関する説明書は届出の義務があります。
注:ばい煙量の測定は法改正(H23年4月1日施行)により不要となりました。

2.危険物規制

軽油等の危険物を取り扱う場合、指定数量(軽油の場合1000g)以上は危険物として消防法の規制、指定数量の 1/5(軽油の場合 200g)以上は少量危険物として所轄市町村の火災予防条例の規制を受けます。

FAQよくあるご質問 発電機に関するご質問(仕様・法令等)はこちらへ>

 

 

主な納入先・納入事例

●病院・医療機関   ●銀行・市役所  ●工場等・設備維持 ●養鶏場・養鰻場  ●公共施設 など

 

 

施工例

自動始動装置充電器電源切替盤を一つの盤に収めた例 (NES60クラス)

自動始動装置 停電を検知し40秒後に自動で発電機を運転し電力を供給します。

並列運転(パララン)  大容量負荷にも電力供給可能です。

工場オプション(一例)

 自動始動装置・充電器
 電源切替盤
 単相3線専用仕様
 水張り検査証
 燃料配管金属被膜
 マフラーフランジ
 出力端子ボックス
 燃料三方コック 
 190L燃料タンク  内蔵燃料タンク取外し(ビッグタンク機を除く)

 

ご注意)NESシリーズ及びPS25は消防法適合認定品ではないため、下記の防災負荷などには使用できませんん
消防法による消防設備 建築基準法による消防設備
・消火栓設備
・スプリンクラー設備
・粉末消化設備
・排煙設備
・非常用コンセント
・排煙設備
・非常用の照明設備
・非常用の進入口
・非常用の排水設備
・非常用のエレベーター

NESシリーズ及びPS25発電機を移動用発電設備以外の形態(常時固定設置の常用発電機あるいは非常用発電機)で使用する場合、標準仕様では法令に適合しない部分が出てきますので、詳細は弊社へお問い合わせください。


 

その他の非常用発電機

防災負荷を接続する場合は、下記「COPシリーズ」・「CFシリーズ」をご検討ください。

非常時の防災設備を
バックアップ
オンライン端末に
良質の電気を
コンセント12個搭載!
非常時でも簡単操作
防災用非常用発電機【COPパックパワーシリーズ】 定周波定電圧ディーゼル発電機 避難所用発電機【PS25】
商用電源 商用電源 独立電源
固定設置 固定設置 可搬型or固定設置
年間100〜200時間稼動 年間100〜200時間稼動 稼働時間制限なし

このページのトップへ戻る▲


日本車両の発電機 NESシリーズの特長   仕様   オプション   納入事例   届出 

お問合せ

tel:052-623-3320

tel
tel
tel