> ホーム > 製品 >発電機 >可搬形ディーゼル発電機 

可搬形ディーゼル発電機

可搬形ディーゼル発電機 NESシリーズ納入実績・事例紹介

【市役所水道局】

納入実績 ●NES150TI  ポンプ場内非常用電源

ポンプ場用の非常用予備電源として導入いただきました。

発電機搬入前 現地状況

基礎ボルト(機械納品前先行で支給)
発電機設置前の基礎
基礎ボルト、配線は発電機設置前に施工済

発電機搬入 到着

クレーン到着

発電機搬入 据付・設置

基礎ボルト 発電機設置直後
出力端子ボックス 発電機設置直後

基礎ボルト 最終状態
出力端子ボックス 最終状態

試運転・引渡

オプション等

南京錠にて施錠(日車は施工範囲外)
燃料配管金属被膜
自動始動装置の接続端子(透明アクリルカバーを追加)

マフラーからテールパイプまで
(排気フードでおおわれる前の状態 )
水張り検査証付燃料タンク
キー付パネルドア

誤操作防止用マグネットカバー

コントロールパネルのめったに使用しない部分へ誤操作を防止するためのカバーを取り付けました。

 

納入製品

NES150TI

納入先

北九州市上下水道局殿(九州・福岡)

主な用途

ポンプ場内非常用電源  

運用方法

固定設置

オプション等
備考

ポンプ場の商用電源が停電した時に電源を供給するための非常用予備電源設備として導入頂きました。
発電機設置後から竣工までの施工期間を少しでも短縮するため、発電機搬入前に基礎ボルト納品・施工ならびに配線を先行で実施し、発電機搬入直後は締め付けのみ、数日後には試運転ができる工程でした。  

 

換気について(排風ダクト)
ラジエータ排風が発電装置の吸気口側に戻ると、オーバーヒートの原因となりますので、発電装置の吸気温度が上昇しないように換気には特に注意が必要です。雨水および落葉浸入を極力防ぐため、発電装置の排風口(ボンネット上部)にダクトを取り付け、ラジエータ排風を排出しています。
また、排風口ならびにテールパイプはネット式とすることで、鳥などの侵入を防ぎます。

 

 

納入実績一覧へ

 

日本車両の発電機 NESシリーズの特長   仕様   オプション   納入事例   届出 

お問合せ

tel:052-623-3320

tel
tel
tel