> ホーム > 事業・製品> 鉄道車両

JR九州殿向けキハ200形

 

● JR九州キハ200系気動車

平成3年〜 篠栗線用として登場。福岡市近郊の通勤輸送の一翼を担って「赤い快速」の愛称で有名。セミクロスシートで、室内配色もユニーク。平成4年ローレル賞受賞車。
写真下は長崎−佐世保間(大村線経由)で運転される快速「シーサイドライナー」用のキハ200形増備車。