> ホーム > 事業・製品> 鉄道車両

 北インディアナ州・NICTD向け電車

NICTD:北インディアナ州通勤輸送公社 NORTHRN INDIANA COMMUTER TRANSPORTATION DISTRICT

1981年-1983年 この車両は北インディアナ州通勤輸送公社が保有するCSS&SB鉄道(CHICAGO SOUTH SHORE & SOUTH BEND RAILROAD)向け通勤用郊外電車です。この電車が運用されるCSS&SB鉄道は、イリノイ州シカゴ市ダウンタウンのランドルフ駅から、ミシガン湖の南岸に沿って、リゾート地区の中心ミシガン市を通り、さらにサウスベンド市まで、全長約150kmに及ぶ標準軌の鉄道で、直流1500Vのカテナリー架線方式を採用しています。  この車両は閑散時間帯には1両でも運転できる自由度の高い電車です。バイアメリカン法が適応され、多くの機器から内装材に至るまで、米国製品が採用されたことや、最終組立を米国で行うよう義務づけられている事が大きな特徴です。


 大きな地図で表示