> ホーム > 事業・製品> 建設機械・発電機

 

基礎のはじまり   基礎の分類  杭基礎の工法

土木・建築構造物を支える基礎の基礎

地盤改良工法

杭基礎だけでは不十分な軟弱地盤の場合や、液状化対策の必要な地盤を小型杭打機三点式杭打機(パイルドライバ)を利用して補強・改良します。

また、平成22年土壌汚染対策法が改正、強化され、土壌汚染への対策も重要となりました。
工場跡地など、汚染された土の浄化や置き換えといった地盤改良も行われています。

 

  ○地盤改良

【主な工法】

柱状地盤改良工法

サンドコンパクション工法ほか

・軟弱地盤対策 ・液状化対策 ・土壌汚染対策

柱状地盤改良工法

現地盤の土と、攪拌翼の先端から吐出するセメントミルクを混ぜ合わせて、地中に硬い柱状の杭を造成します。一般の住宅に用いられるのは、改良径500〜600程度、深さは5m〜8m程度となります。

 

 

お問合せ

tel