> ホーム > 事業・製品> 建設機械・発電機 

> 大型杭打機

コンパクトボディで大きな安定性

狭く限られた現場スペースで最大限の能力発揮 DH358-90M

ワンランク上のオーガを使用可能にして、狭く限られた現場スペースで最大限の能力を発揮したいというニーズにお応えした機械です。

90tクラスの小型機を新開発

全装備最大質量は93tと大きな安定性を持ちながら、機械本体は小さく押えています。
旋回時の後端半径4525mm、足回りを縮めた輸送時の全巾は3200mmに押えています。

90kWクラスのオーガ装着可能

M75D型回転リーダを装着可能。オーガ側のガイドパイプは直径φ101.6×幅600mmで90kWクラスの高馬力オーガや10tクラスの油圧ハンマを装着して作業が可能です。

3点支持式フロントで安定性アップ

伸縮式のアウトリガボックスを採用し、作業時のステ−の固定位置は左右方向で4570mmと、広くとって安全確実にリーダを支える構造としています。M75D回転リーダ時で最長27mまで装着可能です。

  

外観図

仕様一覧

 

フロント構成

注1:リーダ長さ別に3m(ミドル)リーダ1本に対し、2.8mステー(R1,L1)、3mペンダントロープ(R1,L1)を増減して下さい。(★印)

注2:後方斜杭打仕様の時は、1.15mステーを取り外して下さい。

 

能力表

 

ワイヤーロープ仕様

 

 

 

お問合せ

tel