> ホーム > 事業・製品> 営農施設

 

農業設備の効率化・合理化のための総合エンジニアリング

大豆センター


大豆センター

日本車両独自のクリーナーと5種類の選別により、高品質な大豆の提供をお手伝いします。
「混ぜて、寝かせて、乾かせる」SDS(籾殻混合方式)をはじめ、種々の乾燥方法を選択できます。

個別コンテナーまたは籾殻混合方式等により原料大豆の乾燥を行い、その後乾燥大豆のクリーニング・選別を行います。選別は「風力」「比重」「形状」「粒径」「色彩」により規格に沿った大豆に選別します。
また、弊社独自の籾殻を使ったクリーニングによりきれいな表面を持った高品質な大豆に仕上げます。

bot_feature.gif (418 バイト) 大豆センターの特長 

大型施設用に設計された機械で処理能力が大きく耐久性に優れています。

クリーナーは、カントリーエレベータ等で廃棄される籾殻を研磨剤とし、他機種に比べて消耗品コストが低減されます。また、水を使わない乾式クリーナーのため、大豆の品質を低下させません。

搬送機は大豆専用に設計されており移動時の衝撃等に配慮されています。

籾殻混合型乾燥機やコンテナー型乾燥機を採用することにより、大豆のキズ・割れを防ぎます。 

大豆専用の色彩選別機採用により品質が高く、しかも大量処理が可能です。

 

【基本用語】

●風力選別機

 

乾燥された大豆中の塵・茎・さやを風の力で取り除く機械。

●比重選別機

 

比重の違いにより、屑大豆・虫食い粒等の被害粒および石を取り除く機械。

●クリーナー

 

汚粒大豆の表面を籾殻でクリーニングし、きれいな大豆にする機械。

●転選機

 

傾斜の付いた回転しているベルトの上に大豆を転がし、転がらない・扁平大豆・割豆を取り除く機械。

●粒径選別機

 

振動式フルイで大粒・中粒・小粒に選別する機械。

●色彩選別機

 

着色粒を選別・除去する機械。

 

 

 

営農施設に関するお問合せ


日本車輌製造株式会社 エンジニアリング本部 営農施設部
〒456-8691名古屋市熱田区三本松町1番1号   052-882-3336