トピックス 事業・製品 投資家情報 社会・環境 会社概要 採用情報

 鉄道車両輸送機器橋  梁建設機械発電機エンジニアリングレーザ加工機

>  ホーム  >  事業・製品 > エンジニアリング > 製紙関連機器
高濃度・連続式 ニーディングパルパー <古紙リサイクル 古紙原料処理>

「ニーディングパルパー」は、「パルパー」と「ニーダー」機能を兼ね備え、離解・剥離・分離を一括処理でき、難離解古紙や、大量の異物を含む古紙等、未利用古紙のリサイクルに役立つ一方で、設備動力の節減も出来る、画期的な古紙原料処理設備です。

難離解古紙、リジェクト、損紙処理のスペシャリスト!

繊維は離解したい!でも、異物は破砕したくない! 

ニーディングパルパーは離解力に定評があります!

 

ニーディングパルパーの構造繊維は離解したい!でも、異物は破砕したくない・・・
そんなご要望にお応えした、古紙原料処理機「ニーディングパルパー」。

多種古紙(難離解、機密古紙原料)に応じた高濃度の離解が可能になり、再生紙の原料とならなかった禁忌品古紙(容器包装リサイクル法古紙等)の利用も可能となりました。

低速回転のため、ラミネート、着粘物などの異物の微細化を防ぎます。また、周辺機器を小型化し、省スペースを実現。

古紙リサイクル率の向上に伴なう原料品質の低下は、処理プラントを複雑化しエネルギー消費量を増加させるという新たな問題を引き起こしています。
『環境に優しいパルパーはどうあるべきか!』パルパーの本質に迫り、古紙原料処理に適した高濃度・連続式『ニーディングパルパー』を開発しました。

装置は長円筒タブと内部に設けられた多段のローターからなり、上部から投入された原料は高濃度で離解されながら下降し、下部でニーディングされた後、スクリューフィーダーから連続して排出されます。原料の上下回流がなく低速で運転でき、従来にない優れた特長を持っています。

装置は長円筒タブと内部に設けられた多段のローターからなり、上部から投入された原料は、高濃度で離解されながら下降し、下部でニーディングされた後、スクリューフィーダーから連続して排出されます。 負荷制御と低回転ニーディング効果により、ラミネート、雑誌背糊などの異物の微細化が抑えられます。

ニーディングパルパーの構造>


※Kneading Pulper 紙を繊維状に離解する

 tel
tel tel
問合せフォーム
   
日本車両製造株式会社