トピックス 事業・製品 投資家情報 社会・環境 会社概要 採用情報

 鉄道車両輸送機器橋  梁建設機械発電機エンジニアリングレーザ加工機

>  ホーム  >  事業・製品 > 橋 梁

キャリア採用 : 鋼橋架設・補修技術経験者及び橋梁設計技術者(キャリア)を募集

破断検知線

 破断検知線の特長

●母材に疲労き裂が発生する早期の段階※1で検出できます。

●破断検知線は、鋼構造物の一般塗装※2の上に貼り付け可能です。

●破断検知線は、塗装の塗り替え期間(約10年)の耐久性を有します。

●折り返し貼り付け可能で、多少手荒く扱っても切れない強度があります。

※1   破断検出時のき裂通過長さが約5mm以下。下記疲労試験参照。
※2   塗装が完全に硬化した後の健全な塗膜を示します。

 検知線構造

2本の平行銅線を特殊フィルムでサンドイッチした構造
幅7mm、厚さ0.1mmで鋼材面や塗装面への良好な接着性を確保

 検知線試験

  疲労試験

塗装を施した試験体に破断検知線を貼り付け、疲労き裂を検出する能力を確認

【試験条件】
 ・モードT(開口型)
 ・き裂長は、磁粉探傷試験及び破面観察(意図的に破面上にビーチマークを残し、
      試験片破断後に破面から読み取る)から、き裂先端位置を特定。
 ・応力比=0.05

【塗装系】
@長油フタル酸樹脂系塗料  Aタールエポキシ樹脂系塗料 B変性エポキシ樹脂系塗料  Cフッ素樹脂系塗料 Dポリウレタン樹脂系塗料  E塩化ゴム系塗料

 

耐候性試験

促進耐候試験
(サンシャインウェザーメーターで3000時間)
屋外暴露試験
(継続試験中)

※破断検知線は東海旅客鉄道株式会社殿との共同開発です。


キャリア採用募集のお知らせ : 鋼橋架設・補修技術経験者及び橋梁設計技術者(キャリア)を募集

日本車両製造株式会社