> ホーム > 事業・製品> 建設機械・発電機

 

基礎のはじまり   基礎の分類  杭基礎の工法

  土木・建築構造物を支える基礎の基礎

鋼管回転圧入工法/杭基礎の工法

鋼管回転圧入工法は、鋼管の先端部に先端翼をつけた鋼管杭を回転させることにで、地中に埋め込む工法です。

場所打ち杭工法では、掘った土が産業廃棄物となります。これが発生しない(無排土)工法として近年、大手鉄鋼メーカ各社が開発したのが、この鋼管回転圧入工法です。

鋼管の下端に翼をつけた「鋼管杭」を回転させながら圧入する工法で、小径杭は三点式杭打機(パイルドライバ) 、大径杭は全回転チュービング装置(RT)を利用して施工します。

鋼管回転圧入工法

小径杭


大型杭打機

地盤改良機/小型杭打機

大径杭

最大径はφ1200mm以上


鋼管杭施工
全回転チュービング装置(RT)

大径杭の鋼管回転圧入工法へは 全回転チュービング装置

軸径(φ1200)NSエコパイル場所打ち杭工法では、掘った土が産業廃棄物となります。これが発生しないことで近年、大手鉄鋼メーカ各社が開発したのが、この鋼管回転杭です。 回転することによる推進力で堀進んで行きます。

大径杭は全回転チュービング装置を利用して施工します。
この鋼管杭を支持層に圧入するためには大きなトルクが必要でまさにハイパワーのスーパートップ機にぴったりの工法です。   

 


基礎のはじまり   基礎の分類  杭基礎の工法

 

お問合せ

tel