トピックス 事業・製品 投資家情報 社会・環境 会社概要 採用情報

 鉄道車両輸送機器橋  梁建設機械発電機エンジニアリングレーザ加工機

>  ホーム  >  事業・製品 > 建設機械・発電機

さまざまな条件下で構造物を支える基礎。
基礎工事の中でも最も多く活用されているのが杭基礎です。

杭基礎の工法には、大きく分類して@既成杭工法、A場所打ち杭工法があります。

杭工法   主な個別工法 基礎工事機械
       

@既成杭工法

工場で作られたコンクリートや鋼(管)製の杭を穴を掘って挿入する 

 

埋込み工法

所定の深度まで地盤を掘削、既成杭を建込み・挿入する工法。
ex.プレボーリング杭工法、中堀工法

杭打機+油圧パイルハンマ
 

打込み杭(打撃)工法

既製杭の頭部をハンマーによって打撃し、杭を所定の深さまで貫入させる工法。
ex.バイブレーションハンマ工法

杭打機+油圧パイルハンマ
 

鋼管回転圧入杭工法

鋼管の先端部に先端翼をつけた鋼管杭を回転させることで、地中に埋め込む方法である。廃土が出ない。

小径杭

大型杭打機
小型杭打機

大径杭

全回転チュービング装置(RT)
       
       

A場所打ち杭工法

現場で穴を掘り鉄筋を挿入してコンクリ ートを打設して杭を作る

 

アースドリル工法 主に柔らかい地盤

場所打ち杭工法として一般的なのが、アースドリル工法。
ドリリングバケットを回転させ、掘削・排土する工法。

アースドリル+拡底バケット
 

オールケーシング工法 主に固い地盤

杭の全長にわたりケーシングチューブを揺動・圧入し、
地盤の崩壊を防ぎながらハンマグラブで掘削・排土する工法。
「スーパートップ工法」

全回転チュービング装置(RT)+マルチグリッパ or ハンマグラブ+クローラクレーン
 

リバースサーキュレーションドリル工法

スタンドパイプを建込み、孔内に水を満たすことにより
孔壁に対して静水圧をかけ、孔壁の崩壊を防ぎながらドリルパイプを介して土砂と水を吸上げ排出する工法。

 
       
       
参考:

杭基礎の施工前段階で活用されることも多い地盤改良。

地盤改良施工
  柱状地盤改良
サンドコンパクション工法ほか

・軟弱地盤対策 ・液状化対策 ・土壌汚染対策

大型杭打機
小型杭打機
全回転チュービング装置(RT)

 

 

前へ(基礎の分類)

 tel
tel tel
tel
tel
   
日本車両製造株式会社