トピックス 事業・製品 投資家情報 社会・環境 会社概要 採用情報

平成28年 第42回全国軽金属溶接技術競技会【優勝・優秀賞】

アルミニウム合金の溶接技術を競う第42回全国軽金属溶接技術競技会(主催 一般社団法人 軽金属溶接協会)において、緋田和高(鉄道車両本部製造部製造第一課ブロック工場)が優勝に、服部大成(同 鉄工工場)が優秀賞(3位)に輝きました。

本競技会は全国から優れたアルミ溶接の技術をもった選手が出場し、その腕を競うものです。第42回競技会は昨年10月25、26日に兵庫県で開催されました。競技部門は3つに分かれており、緋田はミグ溶接中板の部、服部はティグ溶接中板の部に出場しました。

今回の受賞は新幹線トップメーカーである当社のアルミニウム合金溶接技術の高さを示すものであり、それを全国にアピールすることができました。  

【優勝第2種 ミグ溶接中板の部 鉄道車両本部 ブロック工場  緋田和高

 緋田が出場したミグ溶接中板の部は、主に鉄道関係の企業が参加している部門であり、今回は出場者の6割を占めました。その他にはプラントメーカーなどが出場しています。この部門において当社は40年前より輝かしい成績を収めており、過去優勝6回を含む25回の入賞を果たしています。

緋田は前回大会において準優勝しており、今年は優勝を狙って練習に打ち込みました。その努力が実を結び、最高の結果となりました。

 

受章者本人の喜びの言葉
 この度は優勝することができ大変嬉しく思います。前回の2位以来、自分に足りなかったものを考え抜き、練習でしっかり対策しました。優勝と聞いた際はとても嬉しく感じるとともに、入社以来携わってきた溶接をひとつの形にできたことを誇りに思いました。今後はさらなる技術知識の向上に努め、後輩達へ伝えていきたいと思います。競技会への出場機会を与えて頂いた方々、指導頂いた先輩方ありがとうございました。(緋田 和高)

【優秀賞】第3種 ティグ溶接中板の部 鉄道車両本部 鉄工工場  服部大成

 

 服部が出場したティグ溶接中板の部は、車両部品をはじめ幅広い分野のアルミ部品メーカーが参加している部門です。この部門において当社は過去6回挑戦しましたが、いずれも入賞することができませんでした。

服部は今回で3回目の出場でした。過去2回は成績が振るわず悔しい思いをしており、今回はその雪辱を晴らすべく練習に励み、当社初の快挙を成し遂げました。

 

受章者本人の喜びの言葉

 この度は、優秀賞を頂くことができ大変嬉しく思っています。練習では先輩方のアドバイスや過去のデータを参考に、作品を作りこんでいきました。大会を通して技術・知識を習得すること、溶接することへのやりがいを得ることができました。この経験を今後の仕事に役立てていく所存です。競技会への出場機会を与えてくださった会社関係者、指導してくださった先輩方に感謝致します。(服部 大成)

 

 

 

 

平成29年 第66回愛知県溶接技術競技会【準優勝】

 平成29年3月11日に愛知県立名古屋高等技術専門校において第66回愛知県溶接技術競技会(主催 一般社団法人愛知県溶接協会)が開催され、被覆アーク溶接の部で出場した 江上隼(鉄道車両本部製造部製造第一課構体工場)が準優勝という輝かしい成績を収めました。被覆アーク溶接の部での受賞は当社としては13年ぶりの快挙です。

【準優勝】被覆アーク溶接の部 鉄道車両本部 製造部製造第一課構体工場 江上隼

 本競技会は、被覆アーク溶接の部と半自動アーク溶接の部の2つの部門があり、愛知県内の自動車、輸送用機器、プラントなどを製造している26社から計93人が出場しました。

江上は過去に同競技会にて半自動溶接の部で優勝しており、今回で2部門での受賞となりました。5月19日にキャッスルプラザ(名古屋市)にて名古屋市長賞および準優勝表彰として表彰状とカップが授与されました。

 併せて10月21、22日神奈川県横浜市で開催されます第63回全国溶接技術競技会(主催 一般社団法人日本溶接協会)に愛知県代表として出場する運びとなっています。

 

受章者本人の喜びの言葉

  この度、愛知県溶接技術競技会で準優勝することができ大変嬉しく思っています。3回目の被覆アーク溶接の部の出場でようやく全国大会への切符を手にすることができました。前回の全国大会では3位に終わってしまったので、表彰式にて壇上で宣言した「日本一を取る」ことだけを目標に、愛知県代表の名に恥じない作品を作るべく、しっかり練習に励みたいと思います。 (江上 隼)

日本車両製造株式会社