>  ホーム  >  事業・製品 > 橋 梁

> 橋梁の架設工法

トラベラクレーン工法

トラベラクレーン工法は、流水部、道路、鉄道等、桁下にトラッククレーンが設置できなくて、単純トラス桁が数径間あるなどの条件の場合、採用される架設工法です。

陸上部の数パネルをトラッククレーンにて架設した後、その上にトラベラクレーンを組み立てます。トラベラクレーンにて、走行軌条を設置して前進し、ベントを設置します。運搬台車にて架設桁を運搬して、トラベラクレーンにて逐次架設を行います。桁の架設とトラベラクレーンの前進を繰り返し、架設を進めていきます。

仮設備が比較的多く必要になります。 工期も比較的多く掛かります。 架設時の強度計算、補強など、多くの検討が必要です。


わらび橋(鳥取県東伯郡関金町浅井地内 )/新犬山橋(愛知県犬山市)


キャリア採用 : 鋼橋架設・補修技術経験者及び橋梁設計技術者(キャリア)を募集


橋梁の架設工法


ベント工法

送り出し工法

ケーブルエレクション工法

トラベラクレーン工法

大ブロック工法

BOSS工法


直近の工事実績


橋の用語集


橋ができるまで